お知らせ

ブログ、引っ越しました!
現在引っ越し中の為、不備多々あり、ご迷惑をおかけしています。

2月26日夕刻にお問い合わせくださったmi○○a様。 記載されていたgmail宛てにメールをお送りしたのですが、エラーになってしまいます。 再度ご連絡を頂けると助かります!

北陸のハワイ『水島』へ海水浴に行きました

私は中学生以来、20年以上海水浴に行っていませんでした。

泳ぐのは好きなんですが、海水は痒くなりそうだしアトピーで掻いたところがしみそうだし、砂で車が汚れそうだし、海水でベタベタしそうだし、とにかくめんどそう・・・・

と、海には全く縁がなく生きてきました。

しかし今年、旦那がこのサイトを送ってきました。→find-travel.jp

ハワイに入ったことないし興味もないけど、魚が好きな私は魚が泳いでいるのが見れるというのに魅かれ、これは行ってみたい!!と行ってきました!

北陸のハワイ、福井県水島で泳ぎました

f:id:milksweet:20160810024813j:plain

Sponsored Links


 福井県敦賀氏色ケ浜

  • 名称:水島
  • 住所: 福井県敦賀市色ヶ浜
  • アクセス: 色ヶ浜・浦底・敦賀から渡し舟
  • 期間(渡し舟): 2016年7月9日~8月31日 ※荒天時欠航あり

まずここにたどり着くまで山道というか、だいぶ緑豊かな中を通ってきたので、海なんてあるのか?といった感じでしたが。

上の写真の、船着き場から見える島が北陸のハワイと言われている「水島」です。

島なので、船でしか行けません。

島は横に長く、下の写真の看板の右端に船が着き、本島と書いてあるところが海水浴場となっています。

f:id:milksweet:20160810024827j:image

島にはコンビニも自販機もありません。

ご飯はもちろん、トイレットペーパーまでもっていきました。(簡易トイレはあるみたいですがペーパーはないとのこと)

子供がいると荷物が多くて大変ですね。

うちの子たちはまあまあ大きいので、浮き輪とか持ってくれて助かりましたが。

木陰もありましたが、ほとんどの人がテント?を持っていました。

うちも持っていきました。

テントはなくとも、シートは持って行った方がいいかと思います。

船で渡るとは知っていてきましたが、まさかこんな船が来るとは…

f:id:milksweet:20160810024833j:image

よく釣りロケとかで見る船かと思います。。

f:id:milksweet:20160810024840j:image

朝早かったので、この船には結構たくさん乗りました。

浮き輪とか荷物があるので定員一杯までは乗っていないだろうけど、30~40人くらいかな?

船着き場からも見えていましたが、船からもずっと島が見えています。
f:id:milksweet:20160810024852j:image

しかし見てわかるように、船に柵などなくチェーンしかありません。

海に背を向けて座っていたので、寄りかかるところにはチェーンだけw

この日は風が強く、波が立ってかなり揺れたので、落ちそうで怖かったです。

もちろん、かなり揺れるため気持ち悪い・・・・・・・

ちなみに船には、水着のまま乗っている人も多くいました。

船に乗る前に着替えて(着替えるところはあるのかな?うちは車で着替えました)行く感じです。

島には更衣室がなぞないので、水着に軽く羽織っていくくらいがいいかな?

濡れたままだと寒い可能性があるし、パーカーとかあるといいかも。

うちは行きも帰りも釣り船みたいな船でしたが、屋根付きの船もあるみたいです。

f:id:milksweet:20160810024918j:image

奥に見えるのが、島の船着き場です。

石がゴロゴロしていて歩きにくいところを通るので、小さい子はちょっと大変です。

f:id:milksweet:20160810024855j:image

海水浴場はかなりきれい!

f:id:milksweet:20160810024922j:image

もっと人がたくさんかなと思ったけど、私の知っている海水浴場より空いています。

f:id:milksweet:20160810024911j:image

奥には山が見え、景色もとてもきれい!

海に来た!というより、山間の湖で泳いでいるかのよう。

f:id:milksweet:20160810024914j:image

私は奥までいかなかったのでわかりませんが、中央の青い浮き輪を持っている人あたりまでは結構浅く、小学校中高学年くらいならかなり楽しめるかと思います。

実際息子壱はご飯食べるとき以外ほぼあがらず、ずっと泳いでいました。

私が何より楽しみにしていた魚は、下の写真の黒くなっている部分

f:id:milksweet:20160810024926j:image

この黒い部分が岩場となっていて、海藻がたくさん生えていて、この中を魚が群れとなって泳いでいたり、カニやヤドカリがたくさんいます。

こんな近くで見れるんですよ!!!

残念ながら防水のカメラを持っていないので残せませんでしたが。

初めてシュノーケリングをし、海水魚と泳ぐ(オーバーな言い方だけどw)経験をして感動です!!!

壱と夢中で泳ぎましたw

小学生低学年くらいまでの小さい子は、網を持って魚やカニを捕まえたり、水中を覗けるバケツみたいなので、海中を見て楽しんでいました。

こんなやつ↓

潜れない子でも、このバケツがあると海中が見えてよさそうでした。

うちも弐ちゃんがちょっとしか顔が付けれないので、これがあればよかったなと思いました。

こんな水中が見える浮き輪を持っている子もいました。

小さい子にはかなりよさそう!

あと岩場なので、マリンシューズをはいたり、ラッシュガードを着ていた方がいいです。

私も岩でかすり、傷ができました。

足も若干切れたりしていたので、船に乗る時からビーチサンダルなんかではなく、マリンシューズで行った方がいいかと思います。

島にシャワーなどないので、濡れたまま船に乗り、戻ります。

駐車場のあたりに100円のコインシャワーがあり、シャンプーやクレンジングなど持って行ったので、それで流しました。

タンクに水を入れて持ってきている人もいて、子供なんかはその水を浴びてました。

大人は無理なので、シャワーを借りたほうがいいかも。

ただシャワーも置き場所が何もない(服を持って入れない)ので、水着のまま浴びて出る感じでした。

家族やカップルで行ったら、着替えを持ってきてもらうなどしてどうにか着替えられそうです。

他の人はどこで着替えたんだろう??

そんなわけで、水島、とてもよかったです!

風が強く、私は寒くてあまり入っていられなかったのが残念でしたが、お店とか何もなく、海と山しかないので現実逃避でき、癒しも得られるかと思います。

来年も関西にいたらまた行きたいな!

今度はもっといいシュノーケリングと網とマリンシューズ(本当はヒレとかほしいw)を持っていきたいです!

Sponsored Links


うちが持って行ったもの

テント、レジャーシート、ティッシュ、トイレットペーパー、ウエットティッシュ、真水(手洗ったり、うちは参くんを流して着替えさせて帰りました)

上着(男ばかりなので上だけ着ていき、着て帰ってきました。私は水着の上にワンピ着ていきました)、水着(着ていきました)、ラッシュガード、厚めなタオル(寒い時や日差しよけに役立ちました)人数分、帽子、水中眼鏡、シュノーケリング、浮き輪

クーラーボックスに入れ、飲み物、おにぎり(パンはきっと入っていきませんw)、焼いた肉をタッパーに入れて(泳ぐとしょっぱいもの食べたくなるので前日の残りをw焼きそばとか絶対美味しい)、箸やフォーク、おやつ(しょっぱいものがいい)

こんなもんかな?

大人だけなら少なくても何とかなるだろうけど、子供がいるとかなり荷物が多くなります。

引っ張るキャリーカートみたいなのに乗せている人もいましたが、船から降りると岩がゴロゴロなので、引っ張るのは少し大変かも。。

また他にも思い出したら、追記したいと思います。

Sponsored Links

今こちらの記事が人気です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

好奇心が私の原動力です!!
小さい頃からアトピー、アレルギー持ち。
数年前から必死に色々試し、現在はかなり改善!
今でも乾燥肌で、アトピーが酷かった部分はまだ少し敏感気味ですが、以前の私のように肌が弱くて悩んでいる方の参考になればと、乾燥肌敏感肌目線のコスメレビューを書きはじめました。
日本化粧品検定3級、耳つぼ施術の資格を持っています。

レビューは気になった点や使ってみた感想を正直に書いていますので、辛口な場合もあります。
また使用感や感想は私個人の意見であり、必ずしも効果・効能を示すものではありません。
人によって刺激を受けてしまう物質はそれぞれですから、敏感な方は必ず少量からお試しください。

一部文章や画像を使用する場合は、必ず引用元URLを記載してください。
記載なしの使用や丸パクリは禁止です。