更年期お役立ちニュース!更年期症状はこれで乗り切る!

女性ホルモンとうまく付き合う!
女性特有の不調を緩和する『エクオール』

大塚製薬のキャンペーンに参加中[PR]

女性ホルモンと更年期症状

40代半ばから女性ホルモンの減少によって発症する更年期症状は、40代以降に起こる女性ホルモンの減少が、主な原因とされています。

のぼせ、動悸、ほてり、疲れやすい、意味なくイライラ、気分の落ち込み、などが症状として表れます。

大豆イソフラボンよりもエクオール!

女性の美容と健康をつかさどる女性ホルモンは、40代以降急激に減少してしまいます。

従来この女性ホルモンの減少には、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンがいいとされてきました。

しかし近年の研究で、大豆イソフラボンが腸内細菌によって代謝されて生まれる「エクオール」が、大豆イソフラボンよりも女性ホルモンに似た働きをすることがわかりました。

 

女性ホルモンに似たエクオールを産み出す乳酸菌

エクオールは腸内細菌の力によって産生されますが、このエクオールを産生する腸内細菌は15種類ほど存在すると言われ、そのうちの1つ”ラクトコッカス20-92”は馴染みのある乳酸菌で、食用としての安全性もあり、イタリアのチーズなどにも使われています。

 

更年期症状の軽減、エイジングケアには10mgのエクオールが効果的!

エクオールを10mg摂取することで、更年期症状のホットフラッシュや発汗、肩こりなど様々な症状軽減に役立つことが分かっています。

他にも骨粗しょう症の予防、メタボの解消、動脈硬化のリスク軽減、目じりのしわ改善などにも効果があることが明らかになっています。

しかしエクオールは2人に1人しか作り出せない!?

エクオールを作り出す腸内細菌を体内に持っていないため、エクオールを産生できるのは日本人では2人に1人と言われています。

腸内に住む最近の種類は子供のころに決まってしまうと言われており、将来的にもエクオールを作り出せるようにはならないとされています。

また体内でエクオールを作れる人でもエクオールは体内に蓄積されないため、毎日大豆食品を食べる必要があります。

 

おすすめ!エクオールサプリメント

エクオールサプリは多々ありますが、その中から評価の高いエクオールサプリを厳選してみました!

 

Sponsored Links

今こちらの記事が人気です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA