お風呂(石けん・シャンプー) 洗顔 化粧水・美容液・クリーム クレンジング

プラセンタ配合の洗顔バームでエイジングケアしながらメイクもくすみもオフ!

投稿日:

今回は、セルフューチャーの洗顔バームのレビューです。

最近はやりのバームタイプのクレンジングです!

バームのいいところは、手に取るまでは固いので、容器から漏れたり溢れたりせず置き場所に困らない。

手に乗せると体温でとろけ、まるでオイルクレンジングのようにしっかりメイクが落とせるクレンジングに。

でもオイルクレンジングと違い肌に優しく、流したあとも肌やわらかもっちりに!

なので肌が弱い方や肌当たりを気にする方には、とても有り難いクレンジングなのです♪

今回使ってみたセルフューチャーの洗顔バームは、植物由来成分86%!

プラセンタやコラーゲンなど、エイジングケアに嬉しい美容成分も多種配合!

クレンジングジプシーさんにぜひ使ってもらいたいクレンジングです。

植物由来成分&美容成分たっぷりでエイジングケアしながらクレンジング
セルフューチャー「洗顔バーム」試してみました


アプロスのブログリポーターに参加中

セルフューチャー洗顔バームについて


セルフューチャー洗顔バーム

美容成分が凝縮された濃厚なバームは、ウォータープルーフのメイクはもちろん、毛穴の黒ずみ、古い角質や汚れによるくすみまですっきりオフ!

さらにコラーゲンやプラセンタなどの美容成分がやさしくマッサージする度にじゅわ~っと溶け出してまるでエステ帰りのようなハリツヤ肌に。

メイク落とし、洗顔、毛穴ケア、角質柔軟ケア、美容マッサージの1個で5役の高機能洗顔料です。

こんな方におすすめ

  • 目穴の汚れが詰まってポツポツ目立つ
  • 乾燥がひどく洗顔後につっぱる
  • 肌にハリがなく年齢サインも目立ってきた
  • エイジングケアしているが効果がいまいち…
  • 肌がくすんで顔色が暗い印象に

 

洗顔でもっといい肌に

潤いを奪いすぎる洗顔や、シワやたるみの原因になる摩擦や過剰なゴシゴシ洗顔をやめるだけで、肌にハリのあるツヤ肌へ導かれていきます。

洗顔バームは新感覚の洗浄料で、ファンデーションはもちろん、目元のポイントメイクまでとろけるようにスルっと落とせます。

W洗顔不要だから、肌にいいのはもちろん、忙しい毎日の時短に。

 

洗顔バームはクレンジングのいいとこ取り!

肌に優しいい植物由来の洗浄成分を、オイルではない濃厚なバームに配合。

肌への負担を最小限に抑えながらも、メイクや毛穴の汚れまで絡みとります。

ウォータープルーフのアイメイクも、オイルクレンジングに劣らない洗浄力で、浮き上がらせてするんと落とします。

しかし洗い上がりはオイルクレンジングのようなキシキシ感がなく、驚くほどしっとりです。

洗浄力の高さと、洗い上がりのしっとり感が、洗顔バームの最大の特徴です。

 

植物由来成分86%配合

肌との親和性が高い植物由来の洗浄成分のほか、エイジングケアに必要な美容成分をぜいたくに配合。

たっぷり配合された美容成分が肌にとどまり、潤いを保ちます。

ほとんどが天然の植物由来成分で出来ているため、低刺激で肌に優しい洗顔料です。

洗い上がりはしっとりハリとツヤにあふれ、まるでエステ帰りのような肌に。

ホホバ種子オイル…肌との親和性が高く、様々な美容効果で注目の植物オイルです

ヒアルロン酸ナトリウム…1gで6リットルもの水分を蓄える力を持ち、みずみずしい肌へ導く保湿成分

プラセンタエキス…注目のエイジングケア成分がハリと潤いを与えます

アーチチョーク葉エキス…潤いを与えて毛穴をケアする植物エキス

ナノ化コラーゲン…肌に浸透し、角質層まで潤いを与え、肌の弾力やハリを保ちます

フルーツエキス…3つの植物由来成分が潤いを巡らせ、ハリ・ツヤあふれるみずみずしい肌へ導きます

 

洗顔バームの使いかた

乾いた手に、さくらんぼ大のバームを取る

ゆっくりとすり合わせる

とろりと液状に変化したら顔に乗せます

指の腹でくるくると広げます

パーツごとに丁寧にマッサージすることで、ポイントメイクもしっかりオフ

水やぬるま湯などの流水で、しっかりすすぎます

 

セルフューチャー洗顔バーム使ってみました

ジャー容器に入っている洗顔です。

洗顔というより、クレンジングでしょうか。

でも毎日使える優しいクレンジングです。

サイズは美容クリームとかより大きめ。

オールインワンとか、ジャー入りのハンドクリームのサイズです。

パカっとワンタッチで開くフタなので、回して開ける手間いらず!

大きなスパチュラ付き!

上の写真は中蓋で、外すとバームが見えます。(中蓋はフタに挟まって入っているので、最初に取り除いたら毎回取る必要はありません)

オフホワイトのバームです。

写真を見ておらうとわかりやすいと思いますが、クリームと違って固まっています。

スパチュラですくうとこんな感じ!

バターよりは柔らかめ、アイスみたいな感じかな?

手に取ると、まだワックスのような状態です。

体温によってとろりと溶けてきます。

実際に顔を洗うときには、スプーンいっぱいほど取ります。

そして、手の上で混ぜ合わせ、顔に乗せてくるくると洗います。

 

セルフューチャー洗顔バーム感想

セルフューチャー洗顔バーム

最近、バーム状のクレンジングは人気ですよね!

私も色んなメーカーのを使ってみましたが、バームクレンジングはオイルクレンジングのようにしっかりメイクは落ちるのにオイルクレンジングより肌に優しく、まるで美容オイルでパックしたあとのようにしっとりもっちりな洗い上がりが特徴です。

今回使ったセルフューチャーの洗顔バームも、スパチュラですくうときは硬いのに、手に乗せると体温でとろけていくのは同じ。

でも若干バーム感が強かったかな。

手でしっかり混ぜないと、粒になって残ります。(溶ける温度が高めなのかも)

逆にしっかりしているため、垂れてこないので洗面所でも使えますね!

洗顔バームという名ですが、洗顔につかうというより、メイクを落とすためのクレンジングとして使うのがベストかなと思います。

顔にざざっとヌリヌリするのではなく、しっかりポイントごとにくるくるとマッサージをすることで、毛穴の汚れや毛穴や小じわに詰まったメイクがよく落とせます。

流すと柔らかでもっちりとした肌になっているのが嬉しいです♪

が、溶けにくい(低温では溶けにくい)からか、お湯で流しても残ってる感じです。

他のバームクレンジングを使ったときは、お湯で流すと油分感はなくなり、W洗顔しなくてもいい感じになるのもありましたが。

こちらのは、私の使い方だとW洗顔しないと、かなり油分感が残りました。

拭き取りのクレンジングを思えば、オイルパックしたあとだと思えば、オイルも残っていてもいいのかも知れません。

美容成分もたっぷりはいっているし、ほぼ天然由来成分で出来ていますしね!

ですがしっかり流したいときは、W洗顔が必要そうです。

私の流し方だとお湯の温度が低いのかな~?

洗顔ブラシなどを使って流すといいのかも?

でも洗顔バームのあとにいつもの洗顔を使っても(ささっと使い)肌の感じが違うので、しっかりマッサージで美容成分が染み込んでるのかもしれません。

もちもちで、潤いたっぷりな感じです!

私は昔はオイルクレンジングを使っていましたが、最近はまつげエクステをしているのもあり、ミルククレンジングやジェルクレンジングを使っていました。

オイルクレンジングの落ちは捨てがたかったのですが、肌にあまり良くないと聞いて、本気でがっつりメイクした時以外は使っていません。

ミルククレンジングやジェルクレンジングは肌に優しい感じはするので安心はできるのですが、流したあともなんとなくファンデの油分が残っている感じがして、結局W洗顔をしていました。

洗顔バームもW洗顔は必要ですが、オイルクレンジングの落ちのよさと、ミルクやジェルの優しさを合わせたようなクレンジングで、まさに私の理想のクレンジング!!

メイク落ちも大事だけど、肌への優しさも妥協できない!!という方に、洗顔バームはぴったりですね!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
sweet

ayano

30代主婦。 小さい頃からアトピー、アレルギー持ち。乾燥肌で敏感気味、ブルベ夏。 私のように肌が弱くて悩んでいる方の参考になればと、乾燥肌敏感肌目線のコスメレビューを書きはじめました。 レビューは気になった点や使ってみた感想を正直に書いていますので、辛口な場合もあります。 また使用感や感想は私個人の意見であり、必ずしも効果・効能を示すものではありません。 人によって刺激を受けてしまう物質はそれぞれですから、敏感な方は必ず少量からお試しください。 一部文章や画像を使用する場合は、必ず引用元URLを記載してください。 記載なしの使用や丸パクリはご遠慮ください。

-お風呂(石けん・シャンプー), 洗顔, 化粧水・美容液・クリーム, クレンジング

Copyright© レビューblog , 2019 All Rights Reserved.