使用や感想は管理人個人の意見であり、効果効能を示すものではありません。

アイメイク ふたえ

憧れのパッチリふたえまぶたに!接近戦でもこわくない『ローヤルプチアイムS』を使ってみる

投稿日:2015.11.27 更新日:

f:id:milksweet:20151127160459j:image

目立たない二重化粧品ローヤルアイムファンサイト参加中

憧れのパッチリふたえまぶたに!接近戦でもこわくない『ローヤルプチアイムS』を使ってみました

中身はアイプチと同じような白い液です。

f:id:milksweet:20151127160109j:image

でもアイプチと違うのは、のりタイプではないこと。

簡単に言うと、目と二重の間をかためて固定する感じかな?

ゴム系レルギーのある方は使わないでねーと書いてあるので、ゴム系な感じと思ってください。

私のような奥二重の人は、まず余計な線(奥二重の線)に1度塗っておくといいようです!

f:id:milksweet:20151127160119j:image

ここで余計な線に塗っておくことで、この線を伸ばし、なかったことに出来るわけですね!

乾いたら目と二重の隙間を塗ります。

f:id:milksweet:20151127160138j:image
あごを突き出すように上向きで乾かしてね、とのことですが、薄目を開けて変に目に力入れたりするとピンと張ったまま乾き、下を向いた時にシワになってしまうので、出来れば目をつぶったままの方がよさそうです。
ドライヤーの冷風だと一瞬なのでオススメ!
よ~~く乾かします。
f:id:milksweet:20151127160150j:image
急いじゃうと、これまたシワになったり、変な風にくっついちゃうので、良く乾かします。
乾くと白い液が透明になりますが、塗った感満載のテカリが出ます。
そのテカリを消すために、ティッシュや麺棒で軽くなでます。
f:id:milksweet:20151127160201j:image
この時も雑に横向きにゴシゴシと拭いてしまうと、不自然なシワになってしまいます!!
やさし~~~く、ぽんぽん気味に撫でます。
なんでシワシワしつこく言っているかというと、私はこのシワが出てしまい、ず~っとなかなかうまく出来なかったからです。
乾かす時に目をギュッとつぶったり、薄目を開けない(変に力が入ってしまう)こと。
擦るときに力を入れないこと。
これでシワにならなくなり、自然な感じにできるようになりました!!
ティッシュや麺棒でこすると、乾いた時のテカリが消え、マットな感じになります。
f:id:milksweet:20151127160211j:image
ここまで来たら目をカッと開く!!!
f:id:milksweet:20151127160222j:image
とても自然な二重になりました~(^^)♪
さすがローヤルアイム!!
貼りついてないので、のりタイプのアイプチにはない自然な仕上がりになりました♪

ただ、私的には落とす時がネックだと思うんですよね。
こちらにはリムーバーがついていなくて。
お風呂で洗うと浮いてくるので、ペリペリと剥がせるのですが。
私のように歳を取ってからのペリペリは、まぶたの皮膚が伸びてしまいそうな気がして。。。
今までアイプチなどを使った時に、剥がす時は擦って取っていました。
そのせいか、上の写真を見るとなんとなくわかると思うのですが、目頭あたりの皮膚が余っているのです。
だからこそ二重になりにくい、なっても違和感がある。
擦ってきたせいではなく、もともとまぶたが重たいが一番の原因でしょうが、とにかく擦ったりはやめた方がいいです!
無理に引っ張って剥がすのもよくないかなと。
そうなるとリムーバーが必要で、出来れば皮膚が弱いのでリムーバーは使いたくない気持ちもあって。
たまにお出かけなんかの時に使うのはいいけど、毎日はまぶたに負担がかかるのかなーと思いました。
自然にできる!という点では間違いなしです!
リムーバー単品で売っているようです♪
というわけで、ローヤルプチアイムはさすがローヤルアイム!といった感じでした!!
落とす時だけは工夫した方がよさそうです!

リムーバーとセットがオススメ♪

なんとテカリを抑える商品もあるようです!!

使用や感想は管理人個人の意見であり、効果効能を示すものではありません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
sweet

ayano

30代主婦。 小さい頃からアトピー、アレルギー持ち。乾燥肌で敏感気味、ブルベ夏。 私のように肌が弱くて悩んでいる方の参考になればと、乾燥肌敏感肌目線のコスメレビューを書きはじめました。 レビューは気になった点や使ってみた感想を正直に書いていますので、辛口な場合もあります。 また使用感や感想は私個人の意見であり、必ずしも効果・効能を示すものではありません。 人によって刺激を受けてしまう物質はそれぞれですから、敏感な方は必ず少量からお試しください。 一部文章や画像を使用する場合は、必ず引用元URLを記載してください。 記載なしの使用や丸パクリはご遠慮ください。

-アイメイク, ふたえ
-, ,

Copyright© レビューblog , 2019 All Rights Reserved.