答えてみる

今週のお題「人生に影響を与えた1冊」1

投稿日:2015.9.21 更新日:

今週のお題「人生に影響を与えた1冊」

はてなブログ始めてみました。

人生に影響を与えた1冊…

本は大好きなのでたくさん読んできましたが、1冊に絞るとなると難しいですね。

記憶に残る本は、

灰谷健次郎さんの『太陽の子』

よしもとばななさんの『キッチン』

村上龍さんの『5分後の世界』

あたりです。

ジャンル思いっきりバラバラですねw

昔から読んでて、今も好きでたまに本棚から引っ張り出してくる本は

向田邦子さん(『眠る盃』『父の詫び状』など)と黒柳徹子さんの本です。

色々読んだ結果、エッセイやドキュメント的なものが私は好きみたい。

特に黒柳徹子さんの『トットチャンネル』や『トットの欠落帳』は

学校へ行く電車の中でJUDY AND MARYを聞きながら読んでいたので、

今でもジュディマリを聞くと、本の中の破天荒な黒柳さんが浮かんできます。

残念ながら向田さんはお亡くなりになってしまいましたが、

黒柳さんにはほんとにほんとにほんとに長生きして頂きたいなと願っています。

他にも大好きな本はたくさんありますが、1冊、ということなので。

1冊になんて絞れなかったけどw

眠る盃 (講談社文庫)

新品価格
¥529から
(2015/9/21 01:57時点)

トットチャンネル (新潮文庫)

中古価格
¥1から
(2015/9/21 01:50時点)

キッチン (角川文庫)

新品価格
¥432から
(2015/9/21 01:56時点)

-答えてみる

Copyright© レビューblog , 2018 All Rights Reserved.