お知らせ

ブログ、引っ越しました!
現在引っ越し中の為、不備多々あり、ご迷惑をおかけしています。

2月26日夕刻にお問い合わせくださったmi○○a様。 記載されていたgmail宛てにメールをお送りしたのですが、エラーになってしまいます。 再度ご連絡を頂けると助かります!

プラスレイ美容原液は成分が安心な美容原液!高品質美容成分でしっとりエイジングケア

今回は美容原液のレビューです。

私はコスメの成分を結構気にする方なので、余計なものが入っていなそうな”原液”というのに弱いw

なのでいろんな原液を使ってきましたが、おおこれは!と思うのもあれば、これ原液っていうのかな…というものまでありました。

(そういうイマイチなものに限ってその後のセールスがしつこいんだ(T_T)メールはまだしも何度も電話してくるのはやめとくれ…)

でも今回使った原液は、最高級フラーレン使用、国産プラセンタ使用、天然由来BG使用、高品質コラーゲン使用、など、どにかく原材料にとてもこだわって作られた原液なんです!

と説明はあるけど、ちょっと疑いつつw使ってみたところ、、、超敏感肌にも全く刺激なく使えたので、肌で品質を感じれました!

もちろん使い心地は、保湿感たっぷりでまさに美容原液!

エイジングケアをがっつりしたい方はもちろん、プラセンタ大好きさんや乾燥肌さんにもオススメな美容原液です。

高浸透フラーレンを原液に!成分にこだわった本格美容原液でエイジングケア
PlusRayプラスレイ『美容原液』使ってみました


株式会社プラスレイのブログリポーターに参加中

Sponsored Links


【プラスレイ美容原液】について

長年の悩みがついに消える

圧倒的なハリと透明な肌を

 

ノーベル化学賞受賞の最高級美容成分の美容液

ビタミンC175倍の抗酸化力と、プラセンタの800倍強力なコラーゲン生成促進力、美白作用、保湿作用を発揮すると言われている「水溶性RSフラーレン」を配合。

水溶性RSフラーレンは一般的なフラーレンに比べ、非常に浸透性が高く高価なフラーレン。

1%配合するだけで高濃度証明を取得できますが、プラスレイでは原液として高配合しています。

 

アミノ酸などが豊富な最高級豚プラセンタ配合

プラセンタにはアミノ酸や各種ビタミン、ミネラル、酵素などの有効成分が豊富に含まれています。

その中でも最も精度が高く、最高級ランクの国産豚プラセンタ配合!

アミノ酸、ビタミン、ミネラル、酵素がさらに豊富でシワやたるみの肌改善に働き、高濃度フラーレンとの相乗効果でシミやそばかすを防ぐと言われています。

 

最高品質の浸透型ナノコラーゲン配合

驚くほどの弾力をお肌に与えてくれる、アメリカ美容原料トップメーカーの最高品質コラーゲンを配合

魚由来のコラーゲンは分子量が500と超低分子なので、肌からでも効率よく吸収され、化粧品の成分として高く評価されています。

 

浸透型天然ナノヒアルロン酸で潤い長持ち

ヒアルロン酸には天然と人口があり、天然は脊椎動物にしかなく、数百分の一の分子量で皮膚の細胞と細胞の間を通り、深部にまで浸透。

表面だけでなく肌の内部で水分を保持します。

中でも天然ナノヒアルロン酸は、長時間にわたり潤いを与え、湿布して24時間で通常のヒアルロン酸の1.5倍の保湿量になることが発表されています。

高濃度ヒアルロン酸特有の特徴で、肌の奥だけでなく肌表面もツルツル、ハリのあるお肌に導きます。

 

安心の無添加処方

香料、着色、アルコール、パラベン無添加

弱酸性で、肌の弱い方にも安心の処方です。

 

【プラスレイ美容原液】成分

水、BG(天然由来)、フラーレン、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na、プラセンタエキス

「水」とは以下4種「フラーレン」「水溶性コラーゲン」「ヒアルロン酸Na」「プラセンタエキス」の原液の中に含まれる水分のことであり、成分表ではそれらをまとめて「水」と表記することとなっています。

BGやフェノキシエタノール等も水同様、4種の原料内に含まれているもので、表記義務のない成分ですがあえて表記することで、原液以外に水で希釈したり、原液以外の添加物がないことを証明しています。

だからこそプラスレイの美容原液は業界でも珍しい本物の「100% 原液」と言えるのです。

化粧水や美容液って水をベースとして美容成分を混ぜたもの、だと思っていましたが、原液を抽出する際に水やBGを使用している、ということで、成分に記載があるようです。

こだわりすごい!!!!!!!

ほんとに美容原液だけを集めた”原液美容液”のようです。

 

【プラスレイ美容原液】使ってみました

シルバーのラベルが素敵な瓶入り美容液です。(ラベルに私が写って撮るの大変だったw)

瓶は結構大きめで、たっぷり使えるサイズです。

最後まで衛生的に使えるスポイトタイプ。

スポイトだと毎回取り出す度に倒しちゃわないか心配になりますが、この瓶はどっしりした形なので、倒れる心配もなく倒したこともなく(w)使えています。

大きめなので、スポイト1回分もちょっと多めかな。

垂らしてみると、

写真を見るとよくわかるかと思いますが、粘度の高めな美容液です。

粘度があり伸びがいいので、スポイト半分でも顔と首の後ろまで、デコルテまでも塗れてしまいます。

とろみのある美容液で、塗るとかなりの保湿感を感じます。

でもあっという間にす~っとに肌に吸い込まれていく感じ。

乾くとツッパリ感を感じるけど、それはヒアルロン酸でハリを感じている証拠だそう!

化粧水を重ねるとつっぱる感じはなくなり、化粧水も一緒に浸透していく感じです。

Sponsored Links


【プラスレイ美容原液】感想

私が特に気に入ったのは、成分の良さ!

だいたいのコスメに使われているBG(防腐効果がある保湿剤)は化学合成(石油由来)で作られたものですが、プラスレイに使用しているBGは天然由来だということ。

細かいことかもしれませんが、一般的なBGにも気を使っているということは、他の成分にも偽りなくこだわりがあるんだろうなと感じました。

原液という名のものは好きで多々使ってきましたが、この美容原液はアトピー名残の超敏感肌の首に塗っても、痒くなったことはありません。

豚由来のプラセンタ美容液を使って痒くなることがよくあったので、豚プラセンタは私にはあまりよくないというイメージがあったのですが、豚プラセンタが悪かったのではなく、その美容液の他の成分が私に合わなかったことを知りました。

というか、プラスレイが身体に安心な成分で出来ているんでしょうね。

塗った後、乾くとつっぱる感じが少し気になる点ですが(ハリだそう)、ヒアルロン酸が濃いためかなと思います。

すぐに化粧水をつけたり、原液を化粧水と混ぜたりするとつっぱらなくなるので、化粧水と一緒に使ってハンドプレスすると、さらに効果を感じれそうです♪

 

30超えてからふと気づいたら、こめかみのあたりにシミがたくさんあったのですが。

こめかみなので髪で隠れるし!ととくに悩んでいたわけではなかったのですが、

この美容原液を2週間以上使ってみてから写真撮ってみたところ、シミが気にならなくなってる!?!?

どこにあったっけ?と言うくらいになっていました!!!(頬のは小さい時からあるほくろですw)

暑くてお風呂もケアも手抜きがちだけど、もっと頑張ろうかな!と思えました♪

ケチらずたっぷり、といってもスポイト半分くらいを朝晩使っていたのがよかったのかな(^^)

たっぷり使っていますが、伸びがいいのでかなり広範囲に塗れるし、たっぷり入っているので朝晩使っても1ヵ月は持ちます。

お値段自体はちょっと高めですが、惜しまず1ヵ月(夜だけなら2か月!)しっかり持ってくれるなら、そんなにコスパも悪くなさそう。

むしろそこらの美容液より成分がいい分、へたなもの買うよりオトクなような?!

保湿感もたっぷりあるので、夏の美白ケアにはもちろん、冬の保湿ケアにもかなり役立ってくれること間違いなしです♪

 

 

 

肌・髪に使う完全無添加保湿ミスト 『スーパーウォータープラス』 現品20名様 ←参加中

無添加というのが何よりです!!!!

髪につけるものって、肌につけるものより成分にこだわらない場合が多いと思いますが、私の場合、髪につけたヘアケア剤が肌につくと、痒くなってしまったりします。

なので髪につけるものにも、肌に優しいものをと気にしています。

そして乾燥肌のせいか髪もパサつきがちなので、必ずお風呂上りに化粧水をつけているんです。(その後に植物オイルを付けてます)

なので顔と髪に一緒に付けれる、しかも安心して、というのは、私にとってはとても理想的な形なのです。

Sponsored Links

今こちらの記事が人気です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

好奇心が私の原動力です!!
小さい頃からアトピー、アレルギー持ち。
数年前から必死に色々試し、現在はかなり改善!
今でも乾燥肌で、アトピーが酷かった部分はまだ少し敏感気味ですが、以前の私のように肌が弱くて悩んでいる方の参考になればと、乾燥肌敏感肌目線のコスメレビューを書きはじめました。
日本化粧品検定3級、耳つぼ施術の資格を持っています。

レビューは気になった点や使ってみた感想を正直に書いていますので、辛口な場合もあります。
また使用感や感想は私個人の意見であり、必ずしも効果・効能を示すものではありません。
人によって刺激を受けてしまう物質はそれぞれですから、敏感な方は必ず少量からお試しください。

一部文章や画像を使用する場合は、必ず引用元URLを記載してください。
記載なしの使用や丸パクリは禁止です。