お知らせ

ブログ、引っ越しました!
現在引っ越し中の為、不備多々あり、ご迷惑をおかけしています。

2月26日夕刻にお問い合わせくださったmi○○a様。 記載されていたgmail宛てにメールをお送りしたのですが、エラーになってしまいます。 再度ご連絡を頂けると助かります!

敏感肌にも安心!ミヨシ石鹸の『無添加せっけん泡のボディソープ』

暮らしに安心|ミヨシ石鹸ファンサイトファンサイト参加中

冬になると子供たちも乾燥がひどくなってくるので、

ミヨシ石鹸の『無添加せっけん泡のボディソープ』を使ってみました!

f:id:milksweet:20151031020400j:image f:id:milksweet:20151031014125j:plain

↑これです↑

f:id:milksweet:20151031014140j:plain
  1. 洗う成分は石けん100%
  2. 石けんだからヌルヌルしない
  3. ふわふわの泡がそのまま出てくる

とのこと。

でも石けん100%って???

他の石けんや今まで使ってきたは石けんは、石けん何%やねん????

て思いますよねw

私も思いました。

でもこういうことだと見てわかりました。

f:id:milksweet:20151031020413j:image

全成分 水 と カリ石けん素地 のみ!!!!

こんな石けんが存在したのかーーーーー(T ^ T)と全私が泣いた。

こんなシンプルな石けんが売っているとは…

もっと早く知りたかったよ・・・・

これは、アトピーがあまりにも酷かった時に、藁をも掴む気持ちで私が作った固形石けんです。

f:id:milksweet:20151031020425j:image

抗炎症作用や抗アレルギー作用のある植物オイル(馬油も含む)をかき集め、苛性ソーダと水で作った、アトピーを軽減させることだけを本気で考えて作った石けんです。

おしゃれ感ゼロ、香料も入れてないので、何ともつまらん石けんです。

でも、何より痒くならない!!!

固形石けんは、苛性ソーダと油分を混ぜて「けん化」という化学反応を起こして作ります。

液体石けんは、苛性カリと油分とアルコールでけん化させて作ります。

固形と液体の違いは「苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)」と「苛性カリ(水酸化カリウム)」の違いだけ。

両方ともアルカリ性。

肌は酸性なので、アルカリ性である石けんを使うことで、古くなった皮脂や汚れを科学的に落としています。

つまり硬いボディタオルなんかでゴシゴシ擦らずとも、なで洗い程度で汚れは落ちているってことです。

そうやって、苛性ソーダや苛性カリと油分をけん化させたものが「石けん素地」です。

つまり、ミヨシ無添加せっけんの『カリ石けん素地と水』は、とてもシンプルだってことです。

ボディソープと名がついてますが、洗髪や洗顔に使っても問題ないだろう優しさです。

もっと早くミヨシ石鹸を知っていれば、わざわざ作らなくても済んだんですね。。

ちなみにどんな油脂を使っているのかとHPを見てみたら

ミヨシの“せっけん”商品で原料由来は
基本的に、
・固形石けん:牛脂、パーム油、パーム核油など
・液体せっけん:パーム油、パーム核油、ナタネ油など
・粉せっけん:牛脂、ナタネ油、パーム油、大豆油などになり、
商品の特性に合わせ選定しています。

と書いてありました。

どの油脂も、石けん作りでは硬さや泡立ちや溶けにくさなどを保つために入れる、必要な油脂です。

ヌルヌルしない、は実際に使ってみたいと思います。

ワンプッシュ出した感じ。

f:id:milksweet:20151031020452j:image

ワンプッシュは約1mlとのこと。

500ml入りなので、約500プッシュ。

出した感じは、一般的な泡のハンドソープくらいの量です。

匂いは無香料なだけあって、不自然な匂いはしません。

”せっけん”の、少し油臭いような匂いはしました。

いつもの固形石けんと同じ匂いです。

香りが欲しかったら、エッセンシャルオイルを垂らしてもよさそう!

気分で楽しめますね♪

泡をもみもみしてみました。

f:id:milksweet:20151031020500j:plain

結構潰れずに残っています!

握った感じも、クッション性がありすごく優しい!!

これならタオルなしで、手で簡単に洗えます!

お風呂で全身を手で洗ったところ、私でも3〜4プッシュで足りました。

どんどん泡がへたれて追加が必要かなと思いきや、最後までふわふわで摩擦感なく洗えました!

そんなに体毛が生えてるわけでもないと思うんだけどなぁ。。

なぜか洗っていくほど、モコモコ泡立ってきたんだけど。。。

(毛があるとよく泡立つじゃないですかw

昔洗顔フォームを陰毛で泡立てて洗っている人がいると聞いて爆笑したことがww)

流す時も、サッと流せて嫌なヌルつきはありませんでした。

たまに保湿成分入りなのか、流してもヌルっとしている不快なの、ありますよね…

これでヌルヌルしないも本当でした!

ただ、ほんの少し、洗浄力が強いように感じました。

私が普段使っているの石けんが、コールドプロセス石鹸なので、かなり洗浄力が弱いのかもしれません。

これで洗えたのか?ってくらい変化ないので(^_^;)

無添加泡石けんの方は、流した時にさっぱり感がありました。

つっぱりまではしなかったですが、いつものと比べると、少し洗浄力が強い気がしました。

泡タイプ。

これは子供が1番喜びました!

固形石けんは泡立てるのがめんどくさいですからね…

私は泡立てるのが好きなのでそこまで苦ではないのですが、やっぱり時間もかかるし、子供たちからすると嫌みたいで。

結局私と一緒に入らない時は、旦那用の市販の液体ボディソープを直接ぬりぬりしていたようです( ̄◇ ̄;)

(子供もボディタオルなどは使わず、手で洗ってます)

長男にボトルを渡したら、「これつかっていいの!?」ともう大喜び!

どんだけ今までのが嫌だったんだ・・・

長男は私に肌が1番似て弱くて。

掻きむしることはなくなりましたが、これからの時期トラブルがあるのはきっと長男。

無意識に、いつものボディソープは刺激が強いのを感じていたのでしょうか。

でも、これを使ってくれれば私も安心。。

もちろん泡タイプは子供が自分で洗うことも簡単になりますが、赤ちゃんに洗ってあげる場合も便利ですよね!!!

赤ちゃん抱えていると片手しか使えないですから、固形石けんをもこもこに泡立てることは無理です。

私の場合、赤ちゃんだしそこまでしっかり洗わなくてもいいやと思っているので、固形石けんを擦りつけて広げてますがw

これからきっと旦那は、楽チンな泡の方を使うことでしょう。

産院でも泡タイプを使っていましたから、赤ちゃんには泡タイプが便利なのは間違いないはず。

今回使ったのは子供も洗えるとのことですが、別にベビー用もあるようです!

成分は、水、カリ石ケン素地、石ケン素地、とのこと。

余計なものは一切入っていないので、赤ちゃんにも安心です!

こちらは新発売の

『家族のせっけん泡ボディソープ』

全成分:水、カリ石ケン素地、香料、ということで、

今回使った無添加せっけん泡のボディソープと成分は変わらないけど、

ほのかなフローラルの香りがするそうです\(^o^)/

実は、泡のボディソープに喜んだ長男ががっかりしたことが1つだけあって、

それが

「においしないの~~!?」

でした(^^;)

私的には匂いしなくてもいいんだけどなー

鼻炎もちなので敏感だし、妊婦のつわりの時シャンプーの匂いが気持ち悪くて吐いたりしてたので、お風呂でこもる匂いが少し苦手。。。

体調がいいときには何ともないんですけどね。

でも長男の希望もあるので、次は香り付きの家族のせっけんも使ってみたいです。

香料入りでも、市販のものよりはるかに肌に安心ですしね!!

ほんと、子供のために使い続けたい肌に優しい石けんでした♪

3か月使ってみて、再度記事にしました。

ミヨシ石鹸『無添加せっけん泡のボディソープ』

2016.02.08

洗濯せっけんも使ってみました!

ミヨシ石鹸の無添加お肌のためのせっけん『洗濯せっけん』

2016.03.14

 

シャンプーは泡タイプじゃないのかー

これは一気にどばっと出ちゃいそうだし、子供にはちょっと使いにくそうかなぁ。。

Sponsored Links

今こちらの記事が人気です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

好奇心が私の原動力です!!
小さい頃からアトピー、アレルギー持ち。
数年前から必死に色々試し、現在はかなり改善!
今でも乾燥肌で、アトピーが酷かった部分はまだ少し敏感気味ですが、以前の私のように肌が弱くて悩んでいる方の参考になればと、乾燥肌敏感肌目線のコスメレビューを書きはじめました。
日本化粧品検定3級、耳つぼ施術の資格を持っています。

レビューは気になった点や使ってみた感想を正直に書いていますので、辛口な場合もあります。
また使用感や感想は私個人の意見であり、必ずしも効果・効能を示すものではありません。
人によって刺激を受けてしまう物質はそれぞれですから、敏感な方は必ず少量からお試しください。

一部文章や画像を使用する場合は、必ず引用元URLを記載してください。
記載なしの使用や丸パクリは禁止です。