『モイストダイアン』エクストラモイストシャンプー&エクストラモイストトリートメント

今回はシャンプーのレビューです。

今回使ったシャンプーは、オイルの力で洗浄と保湿をするという、髪にも頭皮にも優しいシャンプーです。

香りがとてもいいので、いい香りのシャンプーが好きな人にはかなりオススメ!

私的にはサラサラにもなってふんわり仕上がる、ショートにもちょうどいい洗い上がりがお気に入りです♪

買いやすい価格だし、ボトルも可愛いので、詰め替えて使い続けたいシャンプーです。

美容オイルでふわさら美髪
『moist Diane』エクストラモイストシャンプー&エクストラモイストトリートメント使ってみました

f:id:milksweet:20160917135108j:image

 

ストーリアさんのアンバサダーとして活動中♪

『モイストダイアン』について

潤いふわサラ髪へ

高級レアオイルを贅沢に配合しました

乾燥知ってパサつく髪を芯から潤し、毛先までまとまる、サラサラとした髪へ導きます

こんな人におすすめ!

乾燥が気になる

髪が広がりやすい

毛先がパサつく

 

アルガンオイル洗浄成分で保湿しながら洗う

オイルクレンジング効果で、頭皮に詰まった汚れや皮脂までスッキリと洗い上げ、頭皮にアルガンオイルの潤いをいきわたらせます

乾燥を防いで、スタイリングしやすい仕上がりにします

 

天然の保湿オイルを配合 

魔法のオイルアルガンオイル

生命の木バオバブオイル

神様がくれた果実クプアスバター

肌を柔らかくするマンゴー種子オイル

『エクストラモイストシャンプー』使ってみました

ジュエルみたいな、カワイイボトルです。

f:id:milksweet:20160917135112j:image

透明なシャンプーを生かしたボトルデザインです。

中身を動画でとったのですが、まだ編集していなくて…

なので文章でご勘弁を。。

シャンプーは粘度のある、よく見かける一般的なシャンプーと同じような感じです。

香りがとてもいいのが特徴的!!

泡立ちも悪くありません。

f:id:milksweet:20160926025913j:image

流すときもするる~、絡まりません。

『エクストラモイストトリートメント』使ってみました

こちらもジュエルのようなボトルですが、中身が透明ではないので。

f:id:milksweet:20160917135114j:image

シャンプーの方が美しいですね!

でも可愛いボトルなので、使い終わっても捨てづらい…

こちらのトリートメントは、クリーム(ベージュっぽい)色をしています。

むにゅむにゅっと出る、よくあるトリートメントと同じ感じ。

こちらも香りがとてもいいです。

流すとする~~ん。

Sponsored Links


『モイストダイアン』感想

とにかく香りがいいシャンプーです。

旦那のシャンプーがなくなってしまったので旦那と共用していますが、お風呂からあがってくるたびに香りを感じます。

翌日まで香っている、ということはありませんが、半日くらいは香ってるのかな?

あまり強い香りが得意でない方だと、苦手かもしれません。

シャンプー&トリートメント自体、ほどよきサラサラ具合で、どんな人も使いやすいと思います。

人形のようにとにかくサラサラでストンまではいきませんが、サラサラだけどふんわりもなってくれます。

私はショートなのでストンと落ちるほどのサラサラより、ハリコシの出るシャンプーの方がペタンコにならず使いやすいですが。

このシャンプーはサラサラもふんわりも両方手に入れられる、みんなに愛される優秀シャンプーだと思います。

ロングの人もショートの人も使いやすいシャンプーです。

値段も手ごろだし、ドラッグストアやドンキでも手に入るので、買いやすいですね!

ボディソープも素敵!

Sponsored Links

今こちらの記事が人気です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

好奇心が私の原動力です!!
小さい頃からアトピー、アレルギー持ち。
数年前から必死に色々試し、現在はかなり改善!
今でも乾燥肌で、アトピーが酷かった部分はまだ少し敏感気味ですが、以前の私のように肌が弱くて悩んでいる方の参考になればと、乾燥肌敏感肌目線のコスメレビューを書きはじめました。
日本化粧品検定3級、耳つぼ施術の資格を持っています。

レビューは気になった点や使ってみた感想を正直に書いていますので、辛口な場合もあります。
また使用感や感想は私個人の意見であり、必ずしも効果・効能を示すものではありません。
人によって刺激を受けてしまう物質はそれぞれですから、敏感な方は必ず少量からお試しください。

一部文章や画像を使用する場合は、必ず引用元URLを記載してください。
記載なしの使用や丸パクリは禁止です。