お知らせ

ブログ、引っ越しました!
現在引っ越し中の為、不備多々あり、ご迷惑をおかけしています。

2月26日夕刻にお問い合わせくださったmi○○a様。 記載されていたgmail宛てにメールをお送りしたのですが、エラーになってしまいます。 再度ご連絡を頂けると助かります!

『ナチュセラクリーム』世界初の素肌セラミド配合!たっぷりセラミド入りの美容クリーム

今回は美容クリームのレビューです。

私は肌が弱い方なので、いつもは化粧水とオイルだけとかのシンプルケアですが、冬はやっぱりオイルだけじゃ不安だししっかり保湿したいので、こってりクリームが恋しくなります。

今回使ったクリームは、肌弱さんの味方セラミドがたっぷ~~~~り配合された美容クリーム。

セラミドはもともと肌にある成分ですが、足りなくなると乾燥したり刺激に弱くなってしまうので、補充してあげることによって刺激や乾燥から守ってくれ、健康な肌に近づいていきます。

セラミドは1種類のみだと効果も薄いそうですが、今回使ったクリームはセラミドの種類が業界最多だとか!!

これは健康肌に期待できそう♪

この冬も安心して過ごせそうな美容クリームです。

世界初素肌セラミド配合!業界最多セラミド種類配合!目指せ健康美肌!
岐陽コーポレーションNatyu Cera『ナチュセラクリーム』使ってみました

f:id:milksweet:20161103015410j:image

 

ナチュセラファンサイト参加中

Sponsored Links


『ナチュセラクリーム』について

世界で初めて、そして唯一、素肌セラミドを使ったクリームです

ナチュセラクリーム

素肌セラミドはヒトの肌に最も近いセラミドで、即効性と浸透力は桁違いです。

敏感肌、乾燥肌、肌荒れが気になるお肌のバリア機能をサポートし、美肌へ導きます。

『ナチュセラクリーム』は

  • 肌の乾燥を防ぎます
  • 肌の柔軟性を保ちます
  • 肌荒れを防ぎます
  • 肌を健やかに保ちます
  • 肌のキメを整えます
  • 肌を保護します
  • 肌にハリとツヤを与えます
  • 肌の水分、油分を補います

こんな人にオススメ!

  • 見た目年齢が一気に上がった気がする…
  • 肌にハリがなくなってきた…
  • 今までにないくらい、お肌の変化を感じている
  • 自分に合う化粧品を見つけられない
  • 10年後も変わらぬ肌を保ちたい

セラミドとは

セラミドは角質細胞の間にある細胞間脂質に含まれ、外部の刺激から肌を守り、肌の水分の蒸発を防ぎます

サランラップのように肌を守り、保湿には欠かせない重要な保湿成分です

素肌セラミドとは

素肌セラミドは、天然人型セラミドと5種類の合成人型セラミドを合わせたものです

天然人型セラミドにはセラミド3、セラミド6Ⅱ、セラミドDPが、

合成人型セラミドにはセラミド1、セラミド1、セラミド3、セラミド6Ⅱ、セラミド9が含まれています。

注目のアシルセラミドも配合。

『ナチュセラクリーム』には業界最多のセラミドの種類を配合してます。

『ナチュセラクリーム』使ってみました

シンプルなラベルのない、ガラスの瓶に入ったクリームです。

f:id:milksweet:20161103015413j:image

スパチュラと、『ナチュセラ』のマスコット”なちゅせらちゃん”も一緒に来てくれました~☆

f:id:milksweet:20161103015539j:image

すみませんwこのマスコット、別の袋に単品で入っていたしプニプニしていたもんで、最初マジパンかと思いましたw

食いしん坊な息子たちと議論し、かじってみるかかなり迷ったので、説明つけたほうがいいと思いますw(うちが食いしん坊すぎるだけ!?ww)

来てすぐはぷにぷにしていたのですが、今は硬くなっているので粘土だったのかな?(子供らとムニムニしたら、ちょっと細身になってしまいました…すみません(^^;))

お店の方が手作りされているのでしょうか、細かくてすごいですね!

よく見たら、5個集めるとクリームがもらえるらしい!!!

すごいですね!!!(詳細こちら→SHS48(なちゅせら) – 天然ヒト型セラミド配合クリーム【ナチュセラ】・乾燥肌、敏感肌対策)

クリームと一緒に入っていた使用マニュアルでも、なちゅせらちゃんが説明してくれます。

f:id:milksweet:20161110041819j:image

セラミドコスメが好きなので、セラミドを主張したこのクリームを使うのをとても楽しみにしてました。

f:id:milksweet:20161103015551j:image

楽しみすぎて、いつもは写真撮ってから商品を使うのですが、写真撮る前から使ってしまいました、すみません(^^;)

3回くらい使った状態です。

最初ふたを開けた時、サーモンピンクのクリームでびっくり!

甲殻類や鮭に含まれる、非常に優れた抗酸化成分であるアスタキサンチンの色だそうです。

セラミド以外にもいろんな美容成分が入っていますね!

f:id:milksweet:20161103015735j:image

クリームは、思ったよりしっかりしています。

f:id:milksweet:20161103015613j:image

でもねっとりしたクリームではなく、とても伸びのいいクリームです。

f:id:milksweet:20161103015620j:image

マニュアルに書いてあったのですが、物足りないと感じる場合はセラミド不足で使用量が少ない、べたつく場合はセラミドが豊富で量を控えたほうがいいそう。

この残り方だと、少し多めなのかも。

f:id:milksweet:20161103015632j:image

なじむともっちりしっとり肌に♪

f:id:milksweet:20161103015654j:image

塗っているときには油分を感じませんが、皮膜感がしっかりあるというか、保湿のふたとしてすごくよさそうな感じです。

べた付きはありません。

唇に塗ったときだけ、皮膜感がちょっと気になりました。

Sponsored Links


『ナチュセラクリーム』感想

お風呂上りに、美容液化粧水のあとに使っています。

さすがセラミドをたっぷり配合しているだけあって、翌朝の肌の状態はとてもいいです♪

と言っても、セラミドは即効性のあるものではないので、使い続けることでじわじわと効果を与えていくそうなので、セラミドの効果は1瓶使い切るまでわからないかもしれません。

でもしっかり保湿感なので、使えば乾燥知らずなのは間違いなしです!

最初、どれだけ塗ってもよくなじんだので、かなりたっぷり塗っていました。

しかし、気づいたら顔周りに吹き出物が…

あまり吹き出物が出来ることはないので、一気にできたのでしばらくお休みしました。

マニュアルをよくよく読んでみたら、「赤いできものは肌を正常に戻すために毒素を出そうとするからできたもの、ステロイド系の薬を使用したことがある人はほぼ出る、出来ってしまえば二度と出ません」とのこと!!

アトピーだったので、近年は顔には塗っていませんが、過去の名残だったのでしょうか?

このファンデのレビューを書いたときが吹き出物のピークで、2日後くらいにはスーッと引いてなくなっていきました。(よりによってファンデのレビューなのに酷い肌(T_T)リンク先の写真や動画で見れます。引いた画像もあります)

少し休んで吹き出物がなくなってからまた塗り始めましたが、驚いたことに、最初に塗っていた時と同じくらいたっぷり塗ると、馴染みきらないんです!!!

オロナインを塗りすぎた時のように、肌に残ってしまう…

これは、最初使った時はセラミド不足で塗っても塗っても肌に吸い込まれていたけど、吹き出物が引いてからは肌の状態もよくなり、セラミドも足りた健康寄りの肌になったため、クリームの量も少なくてよくなった、ということなのでしょうか!?

クリームの量が肌のバロメーターになる、ということを実感した出来事でした。

ちなみに再度塗り始めてからは、吹き出物はできていません。

ナチュセラクリームのせいの吹き出物だったかはわかりませんが(その時はクリームサンドクッキーの食べ過ぎwかと思ってたので、出来てからは控えました)、その後は肌の状態もしっとりしていい感じです。

使い切るころにはもっといい状態になっていそうなので、楽しみ!

冬は乾燥が当たり前、でこれまで生きてきましたが、この冬はこの『ナチュセラクリーム』で乾燥知らずな肌で暮らせそうです♪

『ナチュセラ』には他にも化粧水や石鹸、美容液や日焼けどももあって、もちろんどの商品にもセラミド配合!

大好きな固形石鹸もあるので、すごく使ってみたいです!

岐陽コーポレーション株式会社

Sponsored Links

今こちらの記事が人気です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

好奇心が私の原動力です!!
小さい頃からアトピー、アレルギー持ち。
数年前から必死に色々試し、現在はかなり改善!
今でも乾燥肌で、アトピーが酷かった部分はまだ少し敏感気味ですが、以前の私のように肌が弱くて悩んでいる方の参考になればと、乾燥肌敏感肌目線のコスメレビューを書きはじめました。
日本化粧品検定3級、耳つぼ施術の資格を持っています。

レビューは気になった点や使ってみた感想を正直に書いていますので、辛口な場合もあります。
また使用感や感想は私個人の意見であり、必ずしも効果・効能を示すものではありません。
人によって刺激を受けてしまう物質はそれぞれですから、敏感な方は必ず少量からお試しください。

一部文章や画像を使用する場合は、必ず引用元URLを記載してください。
記載なしの使用や丸パクリは禁止です。