ファーバーカステル水彩色鉛筆は発色もよく大人の塗絵に最適!

今回は文具のレビューです。

私は昔から文具が大好きでした!

息子も大好きで、勝手に持ってかれちゃって困っているんだけど(^^;)

ファーバーカステルって知っていますが?

外国の文具ブランドなのですが、おしゃれなデザインが特徴で、私も高校生の頃買って使っていました♪

今回はファーバーカステルの水彩色鉛筆のレビューです。

水彩色鉛筆は、色鉛筆のように色を塗り、水でなじませるとまるで絵の具で塗ったようになる色鉛筆なんです。

大人になってから絵の具で色塗りたいなあと思っても、絵の具揃えるのもなんだし、バケツ用意したり筆洗ったりってなんか面倒ですよね。

しかし水彩色鉛筆を使えば、少しのお水だけで絵の具で塗ったかのような絵が描けちゃうんです♪

大人の塗絵も流行っていますし、ちょっとでも絵を描きたいな~と思っている方におすすめな色鉛筆です。

面倒な用意は不要!筆付きで簡単水彩画!

ファーバーカステル『水彩色鉛筆』使ってみました


シヤチハタファンサイト参加中 シヤチハタ株式会社

ファーバーカステルとは

1761年にドイツのニュールンベルグ郊外で、世界で初めて鉛筆の製造販売を開始した、現存する最古の筆記具メーカー。

250年に渡り、幅広いニーズに答えるラインナップを、世界100カ国以上で販売してきました。

【水彩色鉛筆】について

描いたあとに水を含ませた筆で上からなぞれば、水彩画のような表現が可能で、気軽に水彩スケッチが楽しめます。

普通の色鉛筆としても使用できます。

 

【水彩色鉛筆】使い方

 

【水彩色鉛筆】使ってみました

Sponsored Links


昔ながらのよくある缶入りの色鉛筆なのですが、まるで外国の子供が持っていそうなパッケージ!

って外国メーカーの色鉛筆なんだから当たり前かw

とても素敵で、子供に持たせるにはもったいないな。

大人が楽しむ色鉛筆ですね。

開けてみると、

わ~~~~~素敵♡

細かい色も入っていて、テンション上がりますね♪

さらに筆までセットです!

わざわざ別に用意しなくても、このセットを買えば水彩画がかけちゃうし、筆も一緒にしまって置けるのはいいですね!

今回使ってみたのは36色。

色は日本語でかかれています。

はんこで有名なシャチハタさんが販売しています。

紫~赤系、青系がとくに充実していますね!

植物なんかを描くのにぴったりそうです。

色鉛筆は、昭和を感じるような木の具合と文字。

私は以前、100円ショップで購入した水彩色鉛筆を使ったことがあるのですが、芯が固く書きにくく、色もゴリゴリ描かないと色がはっきり付かず(粉ばっかり出る)、とても使いにくかったんです。

水彩色鉛筆というのはそんなものなのかなと思っていましたが、こちらは普通の色鉛筆のようにストレスなく描けます!

普通の色鉛筆よりは少し硬い気もしますが、色もきれいに出るし、子供でも描きやすそうです♪

使い方はとっても簡単♪

絵の得意な弐ちゃんに描いてもらおうと思ったんだけど、宿題に追われているので、私の放送事故的なイラストでお許し下さい・・・・

まずは、水彩色鉛筆で適当に色を塗ります。

あとで水でなじませるので、塗り自体はそんなにこだわらなくても大丈夫かなと。

濃淡は付けたほうがいいかも。

色鉛筆で塗ったら、筆に水を含ませ、なじませます。

上の写真ではちょっと水をつけすぎです(^^;)

全体をなじませると、こんな感じにふわっとした絵になってくれます。

やば!楽しい!!!www

大人になると絵の具使うことなんてないじゃないですか。

今はパソコンやタブレットで簡単にイラストも描けちゃうし。

でもこうやって実際に塗ったりすると、小学生に戻ったみたいに楽しめます♪

たまには普段の生活を忘れて、自分の時間を楽しみたいですね~(^^)

 

今回使ったのは36色と色を楽しめるセットでしたが、12色入り、24色入りがあるようです。

あまり見かけない丸缶入りのものもあるみたい!可愛い!

でも可愛いので、ちょっともったいなくてあまり子供には渡したくないです。

大人の塗絵に使いたいと思います♪

 

Sponsored Links

今こちらの記事が人気です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA