コパトーンパーフェクトUVカットジェルクリームは肌質別に選べる日焼け止め

今回は、コパトーンのパーフェクトUVカットジェルクリームのレビューです。

日焼け、怖いですよね。。。

黒くなることが怖いんじゃなく、紫外線によって肌が老化しちゃうことが怖い…

シミだけじゃなく、キメが悪くなり乾燥肌や敏感肌がひどくなったり、シワやたるみの原因にも。。

紫外線によってなってしまったら、もうどんなコスメを使っても取り戻せない気がするんです。

なので、紫外線を防止できるなら、徹底的に防止したい!!!

今回使ったコパトーンのパーフェクトUVカットジェルクリームは、SPF50、PA++++と申し分ない紫外線防止数値!

使用感もサラッとして伸びがよく、ウォータープルーフ、でも石けんでも落とせると、日常的にも使いやすい日焼け止めです。

肌タイプ別に選べる日焼け止め!すっと塗れて高機能!
大塚製薬コパトーンCoppertone「パーフェクトUVカットジェルクリーム」使ってみました


大正製薬のキャンペーンに参加中[PR]

コパトーンパーフェクトUVカットジェルクリームについて

あのスキンタイプに合わせて選べるCoppertone(コパトーン)の日やけ止めがリニューアル!

さらさらで使い心地の良いジェルクリームになりました♪

日やけ止め効果はSPF50+/PA++++を実現。強烈な紫外線からお肌をガードします。

ウォータープルーフで汗・水に強く、紫外線ブロック効果が長持ち。

スキンタイプに合わせたやさしいうるおい保護成分を配合しました

 

世界で初めてSPFを開発、導入!

紫外線に対する共通の防御指数「SPF」。

SPF○○は、塗らなかった時に比べ日焼けが起こるまでの時間を○○倍にする、という指標です。

世界各国のUVケア製品に表記され、今でこそ当たり前のように使われているSPFですが、1972年に米国で、コパトーンとFDA(米国食品医薬品局)が共同開発し、導入しました。

 

日焼けの原因は2種類の紫外線

紫外線にはA,B,Cの3つの波長があります。

Cはオゾン層で吸収されますが、A,Bは地表に届き、日焼けの原因に。

Aは肌の奥深くまで届いてじわじわと肌に影響を及ぼし、Bは皮膚の上層で細胞の傷害、炎症などにより、日焼けを起こします。

 

紫外線は老化の原因に…

皮膚の老化には加齢だけでなく、紫外線や喫煙など外的要因も関係しています。

中でも紫外線は、肌の弾力やハリを保っている線維を切断、変性、それが肌のシワのたるみの原因に。

紫外線を防ぐことで、肌老化の抑制にも繋がります。

 

SPF50 PA++++最強の日焼け止め効果

PAは紫外線を防ぐ効果を表す数値で、コパトーンは日本で最高レベルとされるPA++++です。

潤い保護成分も配合、ブロック力とウォータープルーフを兼ね備えたUVケアを実現。

新コパトーンはphプロテクト技術を採用

塗る前は水溶性ジェルクリーム→皮膚のph(弱酸性)により油性の膜に変化。

塗る時はみずみずしくてノビが良いのに、塗った後は汗水に強く、しっとりとした状態に。

 

スキンタイプ別に日焼け対策を

生まれながらに持っている紫外線に対する肌の資質、スキンタイプ。

スキンタイプⅠの人は色白の人が多く、肌のトラブルを起こしやすい。

反対にⅢの人は、紫外線に当たると黒くなりやすいのが特徴。

 

スキンタイプⅠ

すく赤くなり、黒くならない人に

赤くなりやすい人に優しい、うるおい成分配合

カワラヨモギエキス、モモ葉エキス、キダチアロエエキス、カンゾウエキス、ビタミンE誘導体

↓ピンクのチューブが特徴♪

 

スキンタイプⅡ

赤くなってから黒くなる人に

赤くなりやすい方に優しい潤い成分

→キダチアロエエキス、カンゾウエキス

黒くなりやすい方に優しい潤い成分

コメヌカエキス、カミツレエキス、ビタミンC誘導体

↓オレンジのチューブが特徴!

 

スキンタイプⅢ

赤くならず黒くなる人

黒くなりやすい方に優しい潤い保護成分

→コメヌカエキス、カミツレエキス、ハトムギエキス、ユキノシタエキス、ビタミンC誘導体

↓ブルーのチューブが特徴!

 

コパトーンパーフェクトUVカットジェルクリーム使ってみました

私は色が白めで、日に当たるとすぐ真っ赤になってしまい、そして黒くはならずまた白く戻る、と言うタイプです。

子供らも同じように色白で赤くなってしまうタイプですが、さすがに夏場に学校で連日プールに入ったりすると黒くなりますw

なので私も連日焼けば黒くはなるのでしょうか、1日焼けたくらいでは戻ってしまいます。

とはいってもさすがにこの歳になるとシミが浮き出てきたし、紫外線によって肌が乾燥したりたるんだりすると知ってからは、出来るだけ日焼け対策はしてきました。

冬はもちろんこれからの時期は必須ですし、恐怖の運動会も控えていますから…

今回私が使ってみたのは、スキンタイプⅠの赤くなる人向け。

こういった肌の違いによって選べる日焼け止め、いいですよね!

赤くなってしまうタイプの人用は、ピンクのチューブです。

サイズはそこまで大きくありません。

チューブなので、缶やボトルと違い平たく、バッグに入れて持ち運びやすいです。

日焼け止めは2~3時間に1回、塗り直したほうがいいらしいので。

特に外にずっといる場合は、一緒に持っていってそばに置いておきたいですよね。

口はノズルタイプですが、そこまで口は大きくなく、ちょこっと使いもできそうです。

こんなにちょっとだけ、出すこともw(手の甲だけ、と思っていたら少なすぎましたw)

ジェルクリーム、ということですが、透明ではなく白いクリームです。

でもとっても軽く、のびもとってもよし♪

ねっとりこってりしていないので、塗っても重たく感じたり、ベタベタ不快に感じたりしません。

白残りもなく、するっと塗れました。

手の甲だと、上に出した3倍くらい出すべきでした(^^;)

あまりうすーく塗っても、せっかくの高いSPFやPAの効果が発揮できないでしょうから。

 

コパトーンパーフェクトUVカットジェルクリーム感想

Sponsored Links


私の時代はガングロ時代だったので、コパトーンというと日焼けを促進させるサンクリーム?(茶色いボトル)のイメージでしたが、もともとは日焼け止めを作っていたのですね!

コパトーンの日焼け止め、今回はじめて使ってみたのですが、サラッと塗りやすく、とても使いやすくてよかったです!

昔はちょっとくらい日焼けしたほうが健康そうに見えるだろうと、日焼け止めも塗らずに外出していましたが、さすがに最近は、外に出る時は必ず日焼け止め塗っています。

今年から参くんが保育園に入り、朝から外に出るため、朝のスキンケアと同時に日焼け止めを塗るようになったのですが。

さすがに朝からベタベタしたのは塗りたくない…

なのでベタつかず、かつ重たく感じない日焼け止めがいいな、と思っていたところ、パーフェクトUVカットジェルクリームに出逢えました。

ちなみに保育園で外遊びする参くんも、初日から真っ赤な顔をして帰ってきたので、朝私と一緒にパーフェクトUVカットジェルクリームを薄めに塗っています。

参くんは私より白いんじゃないか!?ってくらい真っ白ですが、それ以来赤い顔してきていないので、ばっちり日焼け防止になっているようです。

SPF50というと「塗らなかった時に比べ日焼けが起こるまでの時間を50倍にする」という事なので、塗り直して過ごせば外で過ごすことも可能な数値ですから、安心ですよね。

私は子供の送り迎えや犬の散歩、買い物程度しか外に出ないので、まだそこまで試していませんが、来月には運動会があるので!

運動会では間違いなく、役に立ってくれることでしょう♪

参くんも数カ月後にはプールが始まるので、可哀想なことになる前に、しっかり日焼け対策してあげようと思います!

 

SPF、PA低めの肌弱さん用もありますよ~!

 

Sponsored Links

今こちらの記事が人気です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA