ネオベビー『善玉菌酵素洗たく洗剤』合成界面活性剤不使用、アトピー肌にオススメ

今回は洗濯洗剤のレビューです。

洗たく洗剤なんてそこらに売ってるの買えばいいじゃんって思う方も、たくさんいらっしゃるでしょう。

私も以前はドラッグストアで、CMでもよく見かける一般的な洗濯洗剤を使っていました。

しかし肌が弱く痒みが酷かったため洗剤を辞めたところ、痒みが収まり、掻かないことでみるみる肌がよくなっていきました!

肌が弱い方はぜひ使ってみてほしい!!

特に赤ちゃんや肌の弱いお子さんがいる方には本気で!!

掻いた跡のある子を見ると、自分を見ているようで可哀想になるので…

1度洗剤を変え、肌改善を試みてほしいです!

合成界面活性剤ゼロ!肌改善はまず洗剤断ちから
neobaby『善玉菌酵素洗たく洗剤』使ってみました

f:id:milksweet:20160629174920j:image

 

肌の健康を応援!ネオナチュラルファンサイト参加中  neobaby善玉菌酵素洗たく洗剤

『ネオベビー善玉菌酵素洗たく洗剤』について

善玉菌酵素洗剤 酵素洗剤 neobaby 赤ちゃん 敏感肌 洗たく石けん 第3のエコ洗剤
ネオベビー洗剤は合成界面活性剤ゼロ!
水質汚染の原因となりうる合成界面活性剤を含まないだけでなく、洗剤に含まれる善玉酵素が、悪玉菌の繁殖を抑制したり、悪臭を軽減できます。
子供たちの未来へ、大切な自然環境をつなぐ洗剤でもあるのです。
お肌に優しく、合成界面活性剤不使用 
市販の洗剤のほとんどは、主な洗浄成分が合成界面活性剤です。
合成界面活性剤の入った洗剤は、洗浄力が強く汚れがよく落ちる反面、どんなにすすいでもその一部は洗濯ものに残ってしまいます。
合成界面活性剤の残留により、繊維の柔軟性がなくなることで、ごわつきの原因となり、酸化することで、黄ばみの原因にもなります。
合成界面活性剤を使わないことで、肌にも優しく、ふんわり真っ白に仕上げます。
善玉菌酵素で洗濯層の汚れも落とします
合成界面活性剤ゼロと聞くと、汚れが落ちにくいイメージがあるのではないでしょうか。
特に乳幼児は食べこぼしやよだれ、汗など何かと汚れ物が多いもの。
しかし乳酸菌、納豆菌、酵母菌をミックスして独自手法で仕上げた善玉酵素が、しっかり汚れを落とします。
また水に溶けだした汚れの再付着や、洗濯層に残ったカビが付着してしまうことが、洗濯物の黒ずみの原因ですが、酵素の働きにより、再付着を防ぎます。

洗い上がり爽やか

自社有機農場で栽培したラベンダー、ローマンカモミール、ボリジエキスを入れました。

合成洗剤より経済的

1回の洗剤量は約半分で大丈夫。

ごわつかないので柔軟剤もいりません。

また、合成界面活性剤を使用していないため、ほとんど泡立ちません。

なのですすぎも1度で大丈夫です。

『善玉菌酵素洗たく洗剤』成分

f:id:milksweet:20160629174935j:image

アルカリ剤(炭酸ナトリウム)、水軟化剤(クエン酸ナトリウム)、分散剤(硫酸ナトリウム)、再汚染防止剤(カルボキシメチルセルロース)、酵素、植物由来脂肪酸、善玉発酵菌由来酵素、香料(ラベンダー、ローマンカモミール、ボリジ)

綿、麻、合成繊維用

弱アルカリ性

『善玉菌酵素洗たく洗剤』使ってみました

普段は重曹を大さじ山盛り1杯いれる程度なので、いつも使っている量より多めでした。

f:id:milksweet:20160721003553j:image

いつも洗濯機いっぱいで洗濯しますが、もう少し少なめでも大丈夫そうな気がします。

洗剤ケースが塗れていると溶けにくいかも、とのことでしたが、溶けやすそうなふわふわパウダーです。

いつもは柔軟剤代わりにクエン酸を入れていますが、成分にクエン酸が入っていたので、この洗剤のみで洗濯しました。

『善玉菌酵素洗たく洗剤』感想

これは、先日購入したヒオリエ(トゥシェ)のホテルタイプのビッグフェイスです。

バスタオルより小さ目で、私や子供らが使うにはちょうどいいサイズで、バスタオルよりかさばらずお気に入り♪

セールだったので1枚買い足しました。

上が袋から出した状態、下が『善玉菌酵素洗たく洗剤』で洗濯して、乾かした状態です。

柔軟剤などは一切使用していません。

f:id:milksweet:20160721003607j:image

折りたたみ方がわからなくて変わってしまいましたが、ふわっとなっているのはわかるかと思います。

柔軟剤を入れなくとも、特にゴワゴワしたりすることはなかったです。

今回はお試しの3回分を使ったのですが、いずれも痒くなることはありませんでした。

汚れ落ちも、気になるものはなかったです。

1度、洗濯したのに洗濯機に入れたまま、参くんと昼寝して干すのを忘れてしまって。。

たまにやらかしてしまうのですが、その時は生乾きの嫌な匂いがしてしまうので、もう1度洗濯しなおしていました。

しかし今回は試しに、そのまま干すことに。

嫌な臭いがしないか心配しましたが、全くしませんでした♪

さすが善玉菌パワー!

ところで上にも書きましたが、うちでは洗濯は重曹でしています。

我が家は私を筆頭に子供たちも肌が弱く、皮膚科とは縁が切れませんでした。

3人目を妊娠した時、またこの子も肌のことで苦労するのかと思ったのが、アトピーを改善させようと思ったきっかけです。

私のパツパツになったお腹(妊婦でね、贅肉ではないよw)が痒くて堪らなかったのと、まだ幼い弐ちゃんに市販のものを塗っても影響ないかなと調べだしたのもあります。

口に入る水やお風呂の水を浄水に変え、自分に合うアレルギーを抑えるハーブを探し、手作りコスメや石鹸を作りました。

そして、洗剤を重曹へ。

その結果、出産前に一時期痒みが収まり、アトピー部分がかなりよくなりました。

しかし出産で弱ったせいもあるのか、猫のいる実家へ里帰りしたせいか、出産後に痒みが再発。

その後自宅へ帰ると、また痒みが収まり、あっとゆーまに肌もきれいになり、今に至ります。

その時は猫の毛で痒くなった(1人出産後ネコアレルギーに)んだと思っていましたが、よくよく考えれば、母は普通の洗剤を使って洗濯していました。

猫もあるだろうけど、洗剤のせいかも、、と今では思っています。

なぜなら、普段は重曹で選択しているのですが、買い置きしていた洗剤がまだ残っているので、肌が丈夫な旦那の服や、靴下やマットなどは洗剤で洗濯しています。

旦那が自分の服と一緒に、私や子供の服も一緒に洗うと、私も子供も痒くなるんです。

でもどちらかというと、柔軟剤の方が肌に悪い気がするんですけどね。

香りが残る、ということは、衣服にも柔軟剤の成分が残っているわけで。

また柔軟剤の方が粘度があるので、洗剤ケースにも残りやすいですよね。

まあ洗剤も柔軟剤もどちらも、肌にはよくないと私は思っています。

とくにお子さんがいて、アトピー持ちだったり痒がっていたりしたら、1ヵ月洗剤を辞めてみてください。

1ヵ月でも、肌の様子がきっと変わるはずです。

私は小さいころからアトピーで、30年以上苦しみ、子供もアトピーにしてしまいました。

母は薬を信じている人なので、病院にはよく連れて行ってくれたし、薬も塗ってくれていました。

父も、汗をかくとよくタオルで拭いてくれていました。(タオルくさかったけど…)

でも洗剤を使うのはやめてくれませんでした。

大人になると抵抗力も強くなるし、アトピーが改善する子もいますが、改善しない子もいます。

その場合は、私のように何年も苦しむことになります。

1ヵ月だけでも試してみて、肌改善してみてほしいと思います。

ちなみに生まれた時から洗剤は使わず洗濯、体と頭は私の手作り石鹸で洗っている3子の参くん。

やはり肌は弱くアトピーっぽいですが、上2人とは比べ物にならないほど肌はきれいです!

赤ちゃんってこんなに肌がスベスベでモチモチだったんだね~と旦那と何度感動していることか(^^)

肌が弱めな赤ちゃんは特に、洗剤は控えてあげて欲しいと思います。

今回使った『善玉菌酵素洗たく洗剤』は、柔軟剤を使わずともゴワゴワにならずふんわりで、重曹+クエン酸よりももちろん優秀です。

1種類で済むので、色々揃えずとも場所も取らないしとても便利でした。

お試しは3袋分でしたが、本品は1.2kg入りなので、1回に20g使用でも2か月は持ちます。

赤ちゃんの衣類だけならもっと持つはず。

肌のことで困っていたら、ぜひ試してみてくださいね。

今回は洗剤のレビューでしたが、ネオナチュラルコスメのレビューも書いています。

食べられるほどやさしい自然素材で作られた国産オーガニックコスメ『Larネオナチュラル』

2015.12.10

Sponsored Links

今こちらの記事が人気です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

好奇心が私の原動力です!!
小さい頃からアトピー、アレルギー持ち。
数年前から必死に色々試し、現在はかなり改善!
今でも乾燥肌で、アトピーが酷かった部分はまだ少し敏感気味ですが、以前の私のように肌が弱くて悩んでいる方の参考になればと、乾燥肌敏感肌目線のコスメレビューを書きはじめました。
日本化粧品検定3級、耳つぼ施術の資格を持っています。

レビューは気になった点や使ってみた感想を正直に書いていますので、辛口な場合もあります。
また使用感や感想は私個人の意見であり、必ずしも効果・効能を示すものではありません。
人によって刺激を受けてしまう物質はそれぞれですから、敏感な方は必ず少量からお試しください。

一部文章や画像を使用する場合は、必ず引用元URLを記載してください。
記載なしの使用や丸パクリは禁止です。