お知らせ

ブログ、引っ越しました!
現在引っ越し中の為、不備多々あり、ご迷惑をおかけしています。

2月26日夕刻にお問い合わせくださったmi○○a様。 記載されていたgmail宛てにメールをお送りしたのですが、エラーになってしまいます。 再度ご連絡を頂けると助かります!

魔法のやきもちドーナツ2

昨年レビューした『魔法のやきもちドーナツ』

魔法のやきもちドーナツ

2015.10.08

前回は「ブラックショコラクッキー」とチョコ味だったのですが、久しぶりにコンビニに行ったらイチゴ味らしきやきもちドーナツが売っていたので、買っちゃいました♪

サークルKサンクスで発見!
『魔法のやきもちドーナツ』フランボワーズミルクを食べてみました!

f:id:milksweet:20160224030415j:image

ピンクのパッケージがカワイイ♡

 

だいぶ久しぶりにコンビニに行きましたw

前回行ったのは、無印のクラックプレッツェルというのを探しに行ったときかな。

f:id:milksweet:20160224051336j:image

ツイッターで美味しいと見て買いに行ったんだけど、売ってなくて。

結局無印のお店で買いました。

チョコ、美味しかったですよ~♪

アンチョビガーリックは、おつまみによさそうでした。

袋から取り出すと、相変わらずぺったんこw

f:id:milksweet:20160224030400j:image

前回のもぺったんこだったので、冷蔵庫いれといたから潰れちゃったのか?!と思っていたけど、こういうもののようです。

今回のも冷蔵庫に入れておいたけどw

 

切ってみました。
f:id:milksweet:20160224030431j:image
パッケージの写真では、中のイチゴがとろ~っと出て来ていますが、とろ~っとは出てきませんw
カスタードクリームのような、もっちりしたクリームです。
上部の白い部分は、メロンパンの上に乗っかっているクッキーが、湿ってしまったような感じ?
ここまで何一ついいこと書いてないなw
食べてみました。
イチゴかと思ってよく見ないで買ってきたんだけど、フランボワーズだったんですね!!!
味は確かにイチゴではなく、フランボワーズです。
そしてもっちり♪
噛む度にモチモチです。
美味しい♪
もちもち好きさんにはたまらないでしょうね~
もちもちつながりで、ミスドの『ポンデリング生』も食べました(^^)
 f:id:milksweet:20160224030535j:image
店内で流れていた、荒川静香さんがポンデリング生をくわえてスケートをしている映像を見て笑ったのですが。
あそこまでのび~る感じではありませんでした。
チョコ掛けだからかもしれません。
伸ばそうとすると、チョコがポロポロと落ちてしまいます。
ポンデリングとしては美味しかったです(>▽<)
ドーナツ大好き!!!
『やきもちドーナツ』の隣に並んでいた『とろけるチョコプリンスフレ』も食べちゃったもんねー
f:id:milksweet:20160224030442j:image
4層になっていました!
f:id:milksweet:20160224030449j:image
一番下が普通のプリン。
2段目がチョコスポンジ。ここがスフレなのかな?
3段目がドーム状のメインのチョコプリン。
最後にチョコプリンの上から、グラサージュされています。
とろける~♡うま~♡
プリンというよりムースっぽい感じ?
グラサージュがねっとり♪
濃厚なんだけど、甘さはだいぶ控えめで結構軽く、1つペロッと食べれちゃいます。
ごちそうさまでした(^^)
というわけで、久しぶりのコンビニスウィーツでした!
ミスド福袋の引換券も、生ポンデで終了してしまいました(T_T)
でもドーナツ好きなのでまた買うけどね!
また美味しそうなのを買ったらレビューしますね♪

 

Sponsored Links

今こちらの記事が人気です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

好奇心が私の原動力です!!
小さい頃からアトピー、アレルギー持ち。
数年前から必死に色々試し、現在はかなり改善!
今でも乾燥肌で、アトピーが酷かった部分はまだ少し敏感気味ですが、以前の私のように肌が弱くて悩んでいる方の参考になればと、乾燥肌敏感肌目線のコスメレビューを書きはじめました。
日本化粧品検定3級、耳つぼ施術の資格を持っています。

レビューは気になった点や使ってみた感想を正直に書いていますので、辛口な場合もあります。
また使用感や感想は私個人の意見であり、必ずしも効果・効能を示すものではありません。
人によって刺激を受けてしまう物質はそれぞれですから、敏感な方は必ず少量からお試しください。

一部文章や画像を使用する場合は、必ず引用元URLを記載してください。
記載なしの使用や丸パクリは禁止です。