お知らせ

ブログ、引っ越しました!
現在引っ越し中の為、不備多々あり、ご迷惑をおかけしています。

2月26日夕刻にお問い合わせくださったmi○○a様。 記載されていたgmail宛てにメールをお送りしたのですが、エラーになってしまいます。 再度ご連絡を頂けると助かります!

ミヨシ石鹸の無添加泡洗顔は肌弱さんの味方!シンプル成分で1日の汚れをリセットできる大人の洗顔

今回は洗顔のレビューです。

今まで色んな洗顔をレビューさせていただいてきましたが、今回は初心に戻って、アトピー肌さん敏感肌さんにもオススメできる無添加の洗顔のレビューです。

無添加で言うなら、もう文句の付けどころがないくらいシンプル成分。

洗い上がりは石鹸らしくキュキュッとしていて、1日の汚れた肌をリセットされている感を強く感じます。

何をとってもシンプルなので、私的には「最後に行きつく大人の洗顔」だなぁと思っています。

敏感肌さんや肌の弱い方はもちろん、結局洗顔ってどれがいいの!?とジプシーになっている方に是非お勧めしたい、無添加の洗顔です。

泡ポンプで楽チン!敏感肌にも優しい成分シンプルな無添加洗顔石鹸
ミヨシ石鹸『無添加泡の洗顔せっけん素材こだわり』使ってみました

【無添加泡の洗顔石鹸素材こだわり】について

肌なじみの良いマカダミアナッツオイルと泡立ちの良いココナッツオイルを素材に作られたこだわりの洗顔石鹸。

無添加でも素材の恵みがお肌に潤いを与えます。

合成界面活性剤はもちろん、香料、着色剤、防腐剤などは一切加えておりません。

 

こんな方にオススメ!

  • 成分が気になる
  • シンプルケアがしたい
  • 肌に優しい石鹸を使いたい
  • こだわりの泡で洗顔したい
  • 時短で洗顔したい
  • 泡洗顔が好き

 

ミヨシ石鹸のこだわり

ミヨシ石鹸は、香料、着色料、防腐剤などの添加物一切不使用、洗浄成分は100%の純せっけんのみです。

洗うのに必要な成分のみを配合、皮脂を取りすぎず、肌を優しく洗えます。

洗い心地はさっぱりスッキリ、ヌルヌルしないので、すすぎも簡単、余計に肌を擦る必要もありません。

 

素材にこだわった洗顔

マカダミアナッツ油とココナッツ油を原料に使用。

マカダミアナッツ油は、赤ちゃんの肌に多く加齢とともに減少するエイジング効果があるパルミトレイン酸を多く含んでいます。

ココナッツ油は泡立ちをよくしてくれます。

 

こだわり!料理のように釜で作る石けん

洗顔石鹸は、昔ながらの釜焚き製法で作っています。

原料油脂の特徴を生かすことができ、添加剤をくわえなくても、天然の保湿成分が程よく溶け込んだ石鹸が出来ます。

 

ミヨシ石鹸無添加洗顔せっけんには種類が色々あります

無添加泡の洗顔せっけん

こちらは原料も作り方も違うそう。

アルカリ成分が古い角質を取り除いてくれます。

成分/水、カリ石けん素地

 

無添加洗顔せっけん固形

こちらは固形タイプで、牛脂とパーム核油が原料だそう。

牛脂はオレイン酸という成分を多く含むため、肌当りのよい石けんができます。

成分/石鹸素地

 

【無添加泡の洗顔せっけん素材こだわり】成分

水、カリ石けん素地

シンプルwwww

素地を作る段階(釜焚き)で、マカダミアナッツオイルとココナッツオイルを使っています。

 

【無添加洗顔せっけん素材こだわり】使ってみました

普通のシャンプーボトルや、ミヨシのボディーソープなどから比べると、小さ目なボトルです。

ひっそりドット柄なのが、シンプルながらも結構カワイイ♪

”泡の洗顔”ということで、泡ポンプボトルです。

こちらが1プッシュ分の泡です。

普段モコモコと泡立てているので、ちょっと少なく感じるかも。

でも結構泡持ちいいんです。

私は2プッシュ分(↓)を使って洗顔しています。

もんでも泡はなくなりません。

でも見てわかるように、泡自体はあまりきめ細かくはありません。

濃密泡ホイップ泡にはちょっと遠い…

しかし、洗ってみるとあら不思議!!!

結構濃厚な洗い心地なんです!

普通に洗顔するにはいいけど、日焼け止めのようなこってりしたものは落ちにくいなこの洗顔、、という洗顔がたまにありますよね(^^;)

でもこの洗顔は、日焼け止めや石けんで落せるファンデを塗っていても、ちゃんと落ちている感じがするんです!

むしろ他の洗顔では物足りないから、今日は色々塗ってるしこれ使おう、と思える洗顔なんです!

また泡もしっかりしているので、洗っていても最後まで泡のクッションをしっかり感じれます。

見た目は軽くてフワフワしている泡のように見えますが、意外と濃厚なんです♪

Sponsored Links


【無添加泡の洗顔せっけん素材こだわり】感想

とってもシンプルなのに、汚れはしっかり落としてくれる洗顔でした。

洗い上がりはキュキュッとしています。

ミヨシさんの石鹸は、ボディーソープやハンドソープなど多々使いましたが、どれもキュキュッとした洗い上がりです。

乾燥肌なので、脱脂しすぎなんじゃ…と最初は思っていたのですが、最近気づいたことが。

普通のボディソープや洗顔には、ヒアルロン酸やオイルなどの保湿成分がたっぷり入っているんです。

例えばボタ〇ストのボディソープ(楽天で検索したら一番に出てきたのでw)の成分は、

水、ラウリン酸、ミリスチン酸、グリセリン、水酸化K、DPG、パルミチン酸、ポリソルベート20、コカミドプロピルベタイン、シア脂、カカオ脂、アストロカリウムムルムル種子脂、オタネニンジン根エキス、アーモンド果実エキス、ヤシ油、サクラ葉エキス、リンゴ果実エキス、モモ果汁、センチフォリアバラ花エキス、アンズ果汁、加水分解水添デンプン、キサンタンガム、ソルビン酸K、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、グリコシルトレハロース、ペンテト酸5Na、ポリクオタニウム-7、PEG-45M、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、フェノキシエタノール、BG、香料

私がわかる限りだと、グリセリン、ベタイン、セルロース、キサンタンガム、トレハロース、BGが保湿剤です。

粘度もあるので、泡立ちも泡持ちもいいのではないかと思います。

そのほかシアバターなどの美容オイル、モモやバラなどの植物エキスが美容成分として入っています。

まさに”美容液石鹸”のような状態。

私もそれをいいと思っています。

が、よくよく考えたら落としたいんだか入れたいんだかw

本来お風呂は落とす場所なのにね。

でもあれもこれも成分を取り入れたい!と思ってしまう私は、悪いとは思っていません。

ただ、ミヨシさんの場合は真逆、ということです。

落すことに専念、なので洗い上がりもキュキュッと。

なんていうか、”リセット”という言葉がぴったりな洗い上がりなのです。

最初は肌に強いかなーと思っていたのですが、このリセット感が癖になったりしますw

今の時期だからかもしれませんけどね!

 

そして、泡ボトルってこんなに楽チンなんだ!!!と教えてもらいましたwww

今まで洗顔を多めに出してたっぷり泡立て、からだと顔を洗う、とやっていたのですが、泡洗顔は泡立ていらず!

さらに子供たちの泡ボディソープを使えば、ものすごい時短wwww

忙しい時や遅くなっちゃって早く寝たい時なんかには、もうほんと便利w

泡立てるのは嫌いではないので、泡立てて洗顔や体を洗ったりも併用していますが、ズボラの最終地点のような気分で、ちょっと罪悪感を感じるほどですw

まだたっちができないようなひと時も目も手も離せない赤ちゃんがいるママなんかに、かなりオススメですね!

 

使用後は、もちろん痒くなったりはしていません。

アトピー名残の敏感首も一緒に洗えています。

洗顔という名ですが、シンプル成分なので、安心してからだも子供も洗えます。

ただボディソープより高めなので、これ1本で済ませたい!という方以外は、別にボディソープを用意することをおすすめしますw

(ミヨシ石鹸のレビューなのにアレだけど、敏感肌用ボディソープはシャボン玉せっけんのベビーソープがかなりオススメですw)

 

 

Sponsored Links

今こちらの記事が人気です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

好奇心が私の原動力です!!
小さい頃からアトピー、アレルギー持ち。
数年前から必死に色々試し、現在はかなり改善!
今でも乾燥肌で、アトピーが酷かった部分はまだ少し敏感気味ですが、以前の私のように肌が弱くて悩んでいる方の参考になればと、乾燥肌敏感肌目線のコスメレビューを書きはじめました。
日本化粧品検定3級、耳つぼ施術の資格を持っています。

レビューは気になった点や使ってみた感想を正直に書いていますので、辛口な場合もあります。
また使用感や感想は私個人の意見であり、必ずしも効果・効能を示すものではありません。
人によって刺激を受けてしまう物質はそれぞれですから、敏感な方は必ず少量からお試しください。

一部文章や画像を使用する場合は、必ず引用元URLを記載してください。
記載なしの使用や丸パクリは禁止です。