トゥヴェールセラミドミルクで脱乾燥肌!ヒト型セラミド高配合でしっとりもっちり肌

今回は乳液のレビューです。

早くレビュー書きたくてウズウズしてた乳液です♪

このミルクを使い始めてから、私の肌は変わりました。

すごく乾燥肌で常につっぱっている感じだったんだけど、乾燥がだいぶ改善!

もっちり柔らかになって、肌を触ったり朝鏡を見るのが楽しみになりました。

どどーんと居座っていた毛穴も目立たなくなって、肌の状態とってもいい感じ♪

もう手放せない乳液です。リピ候補NO1!

敏感な方や乾燥がひどい方、毛穴が気になっている方に、かなりおすすめな乳液です。

高配合ヒト型セラミドで脱乾燥!もっちり肌への近道
トゥヴェール『セラミドミルク』使ってみました


トゥヴェール化粧品ファンサイト参加中

【セラミドミルク】について

株式会社トゥヴェール

業界初!「ヒト型セラミド」を4.5%も配合したさっぱりタイプの乳液。

バリア成分そのものをダイレクトに補えるため、ゆらぎがちなあれ肌を防いでキメの整ったしなやかな肌へ導きます。

なめらかなテクスチャーで使い心地さっぱり。

こんな人におすすめ!

  • 季節の変わり目やトラブルで肌がゆるぎがち
  • キメが粗く、毛穴が気になる
  • メイクのりがいまいち
  • 何を塗っても肌が乾燥する
  • ハリの低下が気になる
  • 肌荒れを繰り返している

 

悩みの原因はセラミド不足

加齢、ストレス、睡眠不足、紫外線や空気の乾燥、毎日の洗顔などでどんどん減少していってしまうセラミド。

セラミドは肌バリアの主成分で、肌の水分量を維持し、外界からの刺激物質の侵入を防ぐバリア成分です。

水分量の減少は、肌を乾燥させ、ハリ不足を引き起こします。

 

乾燥肌はバリア機能の低下が原因

バリアが弱まると、刺激物質の侵入が起こり、肌荒れなど肌のコンディション低下の原因となります。

またバリア機能が弱くなると、潤いが保てなくなり、いくら保湿しても一時しのぎにしかならず、乾燥から抜け出すことが出来ません。

 

ヒト型セラミドでバリア保水力3倍!

セラミドにはいろいろな種類がありますが、トゥヴェールのセラミドミルクはヒト型セラミド2を配合。

肌が本来持っているセラミドと同じ構造をしているため、浸透しやすく、合成セラミド2に比べ3倍のバリア力(保水力)を持っています。

成分表記は同じ”セラミド2”でも、バリア効果が違う日本製を使用しています。

またセラミドだけでなく、肌と同じようにコレステロールや脂肪酸も配合。

弱っている部分にバリア成分そのものを補い、バリアをサポートします。

 

ヒト型セラミドを日本一高配合

セラミドは濃いほうがより高い効果があるそう。

しかしヒト型セラミドは高価な原料なので、何百倍も希釈して、0.01%以下の商品が多く作られています。

0.01%以下ではいい効果が期待できないため、セラミドミルクはヒト型セラミド4.5%配合しています。

 

セラミド以外にも美容成分をたっぷり配合

10種のアミノ酸、ヒアルロン酸(保湿保水)、リピジュア(保湿)、酵母エキス(ダメージを受けた肌を整える)など、肌にいい美容成分をたっぷり配合しています。

 

【セラミドミルク】成分

水、マカデミアナッツ脂肪酸エチル(保湿)、BG(保湿)、セラミド2(保湿)、グリセリン(保湿)、イソステアリン酸、マカデミア種子油(保湿)、ペンチレングリコール(保湿)、グリセリルグルコシド(保湿)、アルギニン(保湿)、DPG(保湿)、トリエチルヘキサノイン(保湿)、パルミチン酸セチル(保湿)、水添レシチン(乳化)、ダマスクバラ花水(保湿)、スクワラン(保湿)、水添ナタネ油アルコール(保湿)、フィトステロールズ(保湿)、ラウロイルラクチレートNa(乳化)、セラミド3(保湿)、セラミド5(保湿)、セラミド6II(保湿)、セラミド1(保湿)、コレステロール(保湿)、フィトスフィンゴシン(セラミド原料、保湿)、PCA-Na(保湿)、乳酸Na(保湿)、アスパラギン酸(保湿)、PCA(保湿)、グリシン(保湿)、アラニン(保湿)、セリン(保湿)、バリン(保湿)、イソロイシン(保湿)、トレオニン(保湿)、プロリン(保湿)、ヒスチジン(保湿)、フェニルアラニン(保湿)、アラントイン(抗炎症)、アルカリゲネス産生多糖体(保湿)、サッカロミセス溶解質エキス(整肌)、ポリクオタニウムー51(保湿)、ダイズ種子エキス(整肌)、リンゴ酸(pH調整)、加水分解ローヤルゼリータンパク(保湿)、ヒアルロン酸Na(保湿)、キサンタンガム(増粘)、ポリソルベート60(乳化)、ステアリン酸グリセリル(SE)、1,2-ヘキサンジオール(保湿)、カプリリルグリコール(保湿)、グリチルリチン酸アンモニウム(抗炎症)、エチルヘキシルグリセリン(保湿)、トコフェロール(保湿)、カルボマー(増粘)

ヒト型セラミド2以外にも、セラミド1(フィトスフィンゴシン)、セラミド3、5、6Ⅱが配合されています。

セラミドは複数入っている方が効果的なので、嬉しい配合ですね!

 

【セラミドミルク】使ってみました

白いボトルが素敵な、日焼け止めのようなボトルに入った乳液です。

口も、日焼け止めのようなノズルタイプ。

ちょっと光量が足りず、肌の色が悪いですが…

そして乳液を使うの久しぶりすぎて、比較ができないけど。

あまりねっとり粘度のない、比較的サラッとした乳液です。

もちろんとろみは少しありますが、ミルクローションといった感じかな。

塗るとすごくしっとり!!!

でもベタつきはなく、もっちりした肌になります。

べたつかないので朝にも使えるということですが、お風呂上がりの肌のほうが浸透感や馴染みがいい気がして、私は夜のみ使っています。

夜だけでも十分しっとり♪

朝の洗顔が楽しみになります(^^)

 

【セラミドミルク】感想

Sponsored Links


乳液やクリームは、水分と油分を乳化剤で混ぜたもの。

なので乳液とクリームは同じものかなと、クリームを使えば乳液はいらないかなと、乳液は使ってきませんでした。

しかし使ってみて、乳液絶対必要だわ!!!!!と確信しました。

もう使ったその翌日から、肌の違いを感じることが出来ました!

あまり即効性のあるものは信じていないんですが、ほんと、肌が変わりました♪

今年は涼しくなってから肌の乾燥がひどくて、頬のあたりが常にピキッとつっぱっている感じがして。

必死にケアして一度はピキピキ感がなくなったものの、また再発。

とりあえず何重にも塗ったくったらなんとかなるだろうと思っていたのに、何塗ったくってもピキッが亡くならず、どうしたら改善できるかわからず、困っていました。

そんな時に使い始めたのが、このセラミドミルクでした!(あとこの洗顔!)

いつもの化粧水とクリームの間に使っているのですが、クリームを塗り終わったときの肌がセラミドミルクを使わなかったときと比べて、とってももっちり!

何度も触りたくなるような、柔らかな肌になっているんです♪

日中の乾燥感もかなり減りました。

もともとが乾燥肌なので、全く乾燥がなくなったとは言い切れませんが、ピキッと感を感じることはなくなったし、さらに毛穴が小さくなりました!

これは「なった気がする」ではなく、本当に小さくなりました!

以前はほっぺの毛穴どーん、鼻の毛穴どどーーーん、って感じだったのに、気づいたらあまり気にならなくなっていたんです♪

必死になって毛穴を化粧下地で埋めたり、パール系のパウダーで飛ばしたりしていたけど、今はそんなに下地を埋め込むこともなくなりました。

まだパウダーで誤魔化しはするけどw

完全に毛穴がなくなるということはないだろうけど、毛穴どどーんで悩んでいた私は本当に嬉しいことでした。

乾燥が減ったのも嬉しいですけどね♪

今、肌の状態、とってもいいです。

毎日のケアが楽しくなったのは、このセラミドミルクのおかげです。

これからも使い続けていきたい乳液です。

トゥヴェール一押し!

肌に優しくてママにもオススメなミネラルパウダリーファンデーション使ってみました!

 

Sponsored Links

今こちらの記事が人気です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA