とろり粘る濃密泡で乾燥肌も潤う、ペリカン石鹸『馬油ファミリー石鹸』3

ペリカン石鹸さんに選んでいただいた、私に合うボディ石けん『馬油ファミリー石鹸』。

以前のレビューはこちら↓

とろり粘る濃密泡で乾燥肌も潤う、ペリカン石鹸『馬油ファミリー石鹸』1 – レビュー blog

とろり粘る濃密泡で乾燥肌も潤う、ペリカン石鹸『馬油ファミリー石鹸』2 – レビュー blog

1ヵ月使ってみた3回目のレビューです。

馬油配合ねっちりもこもこ濃密泡で乾燥肌にも安心
ペリカン石鹸『馬油ファミリー石鹸』を使ってみました!

f:id:milksweet:20160607000216j:image

 

ペリカン石鹸ファンサイト参加中 株式会社ペリカン石鹸

『馬油ファミリー石鹸』

ころんとした姿がカワイイ、2個入りでたっぷり使えるお得感満載な『馬油ファミリー石鹸』。

f:id:milksweet:20160607000236j:image

ペリカン石鹸さんの石鹸はどれも泡立ちがいいのですが、こちらもとてもよく、柔らかクッションのいい泡が、簡単に立ちます。

f:id:milksweet:20160609141041j:image

粘る、と書いてありましたが、私にはうまく粘らせることはできなかったです。

水分を少なめにしてねちねちする感じだと思うんだけど、水分の調整が難しい!

しかし、泡立ちは本当にいいです!

f:id:milksweet:20160707053246j:image

髪の毛だと泡立ちやすいですが、このクリーミ~な泡♪

髪の毛を洗ってもふんわりさらりとしていい感じです。

f:id:milksweet:20160708031620j:image

ただ短いからいい感じだけど、ロングの人には石けんで洗うのはおすすめしないかな。

やっぱり流すときにかなりきしむので、頭皮までしっかり流し切れているか心配になるので。

今はやりのノンシリコンシャンプー、流し切れていないと加齢臭みたいな匂いがするらしいんです。

流すときにはシャンプーブラシを使ったりして、今のところ匂いが気になったことはないけど、心配なので数日に一回は普通のシャンプーで洗うようにしています。

夏だし、匂いもしやすくなりそうだし(^^;)

でも、短い人にはおすすめです!

普通のシャンプーはシリコンとか入っていてサラサラになってしまうけど、石鹸はほどよくサラサラ。

乾かすとふんわりしてくれます。

ぺったんこになりやすい私には、ちょうどいい仕上がりになってくれます(^^)

この『馬油ファミリー石鹸』も、私的には柔らかくなりすぎず、ふんわり仕上がりで、気に入っています。

泡立ちはもちろんいいですが、無理に泡立てずとも、程よき泡立ちと泡持ちで滑りよく広範囲(身体)洗えるところが、1か月使って1番よかったかな。

使いやすかったし、石けんの減りもそこまでではないので、コスパ抜群!

そして背中のブツブツも、嘘みたいになくなりました!

液体シャンプーを減らして石鹸シャンプーにしたのもよかったのかもしれないけど、背中が痒くなることもなくなりました。

もちろん身体が乾燥するとも感じなく。

馬油配合の石鹸は優しくて、乾燥肌にはほんといいですね!

これからも使い続けたい石鹸でした!

ペリカン石鹸さんありがとうございました!!!

いちご鼻をガスール泥とアルガンオイルで洗う、洗顔石鹸『ドット・ウォッシー』を使ってみる1 – レビュー blog

乾燥肌なのにテカるインナードライ肌に、ぺリカン石鹸『オリゴ・バリア洗顔石鹸』1 – レビュー blog

お風呂上りも馬油でケアしてたりしてw

『八割馬油』馬油と蜜蝋の無添加クリーム 子供の保湿にも最適!

2016.12.21

ネオナチュラル『馬油クリーム+』国産無添加安心の万能クリーム

2016.08.03

北海道純馬油本舗『馬セラミド美容原液』天然馬セラミドでふっくらハリ肌

2016.07.01

 

Sponsored Links

今こちらの記事が人気です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

好奇心が私の原動力です!!
小さい頃からアトピー、アレルギー持ち。
数年前から必死に色々試し、現在はかなり改善!
今でも乾燥肌で、アトピーが酷かった部分はまだ少し敏感気味ですが、以前の私のように肌が弱くて悩んでいる方の参考になればと、乾燥肌敏感肌目線のコスメレビューを書きはじめました。
日本化粧品検定3級、耳つぼ施術の資格を持っています。

レビューは気になった点や使ってみた感想を正直に書いていますので、辛口な場合もあります。
また使用感や感想は私個人の意見であり、必ずしも効果・効能を示すものではありません。
人によって刺激を受けてしまう物質はそれぞれですから、敏感な方は必ず少量からお試しください。

一部文章や画像を使用する場合は、必ず引用元URLを記載してください。
記載なしの使用や丸パクリは禁止です。