ブッチはグルテン,添加物不使用なプレミアムドッグフード!肉肉しいから食いつき抜群!

今回はドッグフードのレビューです。

ドッグフードというと、一般的なのはカリカリなドライフードですよね。

他にも缶詰タイプやパウチタイプなどがありますが、今回のんたんが食べたフードは、生フードなんだけど缶詰でもパウチでもなく、ボンレスハムみたいな見た目のフードです。

92%が牛、羊、鶏の肉類で、水分含有度も生肉と同じ70%と、肉食なワンちゃんのためのフード。

またグルテンフリーで、人工添加物も不使用と、アレルギーや健康のことも考えて作られています。

生フードなので高齢ワンちゃんやドライフードが苦手なワンちゃんも食べやすく、ガッツリ系なので食いしん坊なワンちゃんにも、健康を気にしているワンちゃんにもおすすめなプレミアムドッグフードです。

アレルギーも安心!グルテン、添加物不使用なドッグフード
Butchブッチ『ブラックレーベル』試してみました


ブッチ・ジャパンファンサイト参加中

【無添加ドッグフードブッチ】について

ビーフやラムの赤身肉をメインに使用したブッチのベストセラー商品です。

犬にとって最善の「食」を考えた全犬種・オールステージ対応の無添加ドッグフード(総合栄養食)です

人工添加物は不使用

ブッチは肉の味と栄養素をいかした独自の方法で調理。

なので人工的な調味料、香料、着色料、保存料、一切不使用。

お肉の匂いもそのままです。

 

グルテンフリーでアレルギーにも安心

アレルギの原因となりやすい、小麦やグルテン、イーストなどの成分は不使用です。

塩分も0.3%以下、砂糖も不使用、愛犬の身体への負担を考えて作られています。

初めての方限定!ブッチ・ジャパンのお得なトライアルセット(ドッグフード)

 

肉食動物である犬は高タンパク低脂肪な食事が必要

肉食動物は水分がたっぷり含まれた生肉が主食なため、腸が短くても栄養がスムーズに消化されます。

草食な牛は腸の長さが体長の20倍、雑食である人は12倍、犬は6倍といわれていて、犬は腸が短く肉食動物だということがわかり、より生肉に近い高タンパク低脂肪な食事が必要です。

ブッチは肉類の割合92%の高タンパク低脂肪。

さらに生肉と同じ、約70%の水分含有度を目指して作られています。

自然界の食事に近いことにより、ストレスのない消化や吸収となります。

またドライフードは噛み砕くことでフードの残骸が残りやすく、歯のトラブルも起こりやすいですが、水分量が多いため口の中に残りにくく、またシニア犬も食べやすくなっています。

 

低温調理で生肉以上のフードに

一般的なドライフードは高熱で加熱処理をし、栄養も匂いも風味も失われがちです。

そのため精製物の配合や、脂肪、香料などの吹付けを行っていることが多いのです。

しかしブッチは100度未満の低温で15分以内に全体を加熱後、即パッケージ包装することで、素材の持つ自然な栄養素や香りも損なわれません。

なのでドライフードよりも食いつきがいいのです。

 

必須脂肪酸をバランス良く摂取できます

健康をサポートし、細胞膜やホルモンを作り出す必須脂肪酸は、犬の健康には欠かせない大事な栄養素の一つ。

体内では生成できないため、必ず食事からの摂取が必要不可欠。

そこで体内に良い影響を与える、EPA、DHAの含有量が多いフィッシュオイルベースのオメガ3をたっぷり配合。

また無くてはならない必須脂肪酸のオメガ6は、過剰摂取が良くないため、素材由来から摂取出来るようになっています。

 

高い安全性のニュージーランド産の原材料を使用

原材料はすべて、環境規制が世界一厳しいと言われているニュージーランド産のもの。

ニュージーランドの牛や羊は、自然な環境で放牧され、グラスフェッドと呼ばれる牧草のみの飼育をしています。

グラスフェッドで育った牛や羊は、安全性はもちろん、高タンパク、低脂質と肉質の高さに注目です。

【無添加ドッグフードブッチ・ブラックレーベル】原材料

ビーフ(生)33%、ラム(生)25%、チキン(生)18.5%、大豆 8.5%、野菜類(ニンジン、コーン、エンドウ豆)7.7%、穀類(トウモロコシ種皮/グルテン除去・繊維源)2.5%、玄米(破砕・ゆで)2.3%、魚油(オメガ3脂肪酸)1.3%、凝固剤(カラギーナン、ローカストビーンガム、カシアガム、グアーガム)1%、ビタミン・ミネラル類(ビタミンA、ビタミンB1[チアミン]、ビタミンB2、ビタミンB3[ナイアシン]、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、葉酸、パントテン酸カルシウム、カルシウム、リン、ナトリウム、マグネシウム、塩化コリン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン)0.1%、ケルプ(海藻)0.1%

 

【無添加ドッグフードブッチ・ブラックレーベル】食べてみました

ドッグフードというとお店に並んでいるイメージしかありませんが、冷蔵便で来ました。

開けてみると、デカっっ!!!

800gということですが、ハムのかたまりかのようにとっても大きいです。

大きいドッグフードの袋が3kgくらいだとしたら1/3近くなので、そりゃ大きくても当たり前かな。

でも重量感あって驚きます。

100gずつにカットできるメモリがついているので、100gずつにカットしました。

ゴミがこの周りのフィルムだけなので、かさばらなくていいですね!

開封後は7~10日程度なら、冷蔵保存で大丈夫だそうです。

それ以上の場合は、冷凍保存がいいそうです。

冷凍した場合、6ヶ月程度持つとのこと。

 

カットするとこんな感じ!

グリーンピース、人参、コーンが入っています。

見た目はハムっぽいですが、柔らかでカットも簡単でした。

よくスーパーに売られている、成形されたサイコロステーキってわかるかな?

ハンバーグのサイコロ状みたいなやつ。そんな感じに似ています。

匂いはドライフードのようなわざとらしい香りではなく、肉肉しい香りがします。

100gはだいたいこれくらい。

のんたんは3kgほどあるので、1日約200gだそう。

食べやすいように100gをさらに6カットしました。

1日3回ご飯を食べているので、4カット分が1回の食事量です。

写真ではたっぷりに見えるけど、いつもあげているよりも少ないかも(^^;)

のんたん最近ずいぶん太ったなと思っていたけど、おいもやリンゴのせいじゃなくて、ご飯が多かったのかも…

いつもは鶏胸肉と野菜などフードプロセッサーで砕いて、つみれみたいに茹でたもの(まとめて作って冷凍)と、ドライフードをあげていました。

つみれだけでは柔らかすぎるかなと、今歯が生えかわているのに、硬いものもないと駄目かなと、ドライフードも併用していました。

つみれの量だけ見るとブッチより多いです(^^;)

ちなみに納豆も入っているので、チンすると匂いがやばい…

さらにうんちもなかなか臭い。。。

ドライフードだけだとそんなに臭わないので、ドライフードはうんちの匂いも軽減するように作られているんだなとわかります。

さて、ブッチ実食ですが。

写真を撮りながらブッチを食べさせようと見せたら、ぎゃーーーー!

すごい勢いで食いついてきた!!!!目がきらきらしてるよ!!

なんとか奪われないように抵抗したけど、無理でした(T_T)

4かけらあったはずが、2かけらになっちゃったよ…

一応マテしてるけど

一瞬のうちに、でかい塊が消えた!!!!

もうガツガツで、どの写真もブレちゃって…まともな写真がなくてすみません

目が真剣で怖い…

食いしん坊なのんたんはいつもガツガツなので、口には入るけど大きめなサイズのご飯にしていますが、それでも5秒飯…

あまり噛んでいるようには見えないけど、犬ってこんなもん!?

私的にはホネを噛んでいるイメージなので、もっとカミカミして歯を丈夫にした方がいいのかな?と思っているんだけど、カリカリとか丸呑みが当たり前なんだろうか?

ブッチのような柔らかい餌なんかは消化にもいいだろうけど、ドライフードなんて絶対消化に悪いよね。

 

【無添加ドッグフードブッチ・ブラックレーベル】感想

Sponsored Links


いつもガツガツなのんたんですが、いつも以上にガツガツです。

いつもは鶏胸だけなので、味も淡白すぎるのかも。

ブッチは私から見ても肉肉しく、匂いも肉感があって、美味しそうです。

ただ柔らかいので、ずっとだと歯や顎にはどうなのかな?

のんたんは育ち盛り(もう十分育ったけど)なので顎の心配をしているけど、歳とって噛む力が弱くなってしまったシニアのワンコさんには、柔らかくて食べやすいフードだと思います。

しかしドライフードよりも食べやすいので、あっという間に食べ終わってしまいます。

でも腹持ちはいい気がする。

食後、お腹がぽっこりするのんたん。

時間が経つにつれてぺたんこになっていきますが、ブッチを食べたあとはお腹のポッコリが長続きな気がします。

がっつりお肉なので、消化に時間がかかるのかな?

だからといっておやつの食いつきが変わるわけでもないんだけどね(^^;)

でもうんちの匂いは薄くなった気がする!

手作りつみれには納豆を入れてるせいか、ご飯自体も結構匂いが強いんだけど、うんちも臭い。。

遠くにいても、したなとわかるニオイがするのですが、ブッチを食べたあとはそこまで遠くまで臭わない気がする。。

うんちの状態も、黄土色の細切れ(ポロポロではなく数センチのが幾つかw)からお見事!というような焦げ茶なしっかりした長~いうんちになりましたw

ひとつ気をつけなければならないことが。

冷凍保存できるのですが、チンしすぎるとどろどろに溶けてしまいます。

なのでご飯をあげる際次のご飯を冷蔵庫に移したり、早めに出したりして、自然解凍した方がいいです。

チンする場合はほどよきところを見計らって、レンジから出したほうがいです。

息子はオートで止まるまでレンジに掛け、レンジ中に撒き散らかし、ドロドロにさせていました…

どろどろでもお腹に入ったら変わらないだろうけどさ(^^;)

レンジの掃除は大変になるので、お気をつけください。

ドライフードの食いつきが悪くなってきた、がっつり食べさせてあげたい、口臭が気になる、毛ツヤが気になるなどのワンちゃんにおすすめな、プレミアム生フードでした♪

のんたんのブログはこちら

Sponsored Links

今こちらの記事が人気です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA