DUOザセラムBBはツヤ肌メイクが出来る優秀ファンデ!見た目も素肌もエイジングケア

今回はBBクリームのレビューです。

BBクリームというと、私は濃厚でちょっと油っぽくて、でもカバー力はバッチリあって落ちにくいというイメージがありますが、どうでしょうか?

私は韓国で出会ったのが最初だったので、そういう印象なのかも知れません。

でも今回使ったBBは、私のイメージ真逆のBBでした。

まず濃厚ではあるけど、あまり油っぽくなくて、さらっと軽いつけ心地!

シミなんかのカバー力はちょっと低めだけど、ツヤが出るので光の効果で凹凸が気にならなくなり、肌が綺麗に見える!

落ちにくい、、は、やっぱりクレンジングを使わないとだめかな?

でもツヤ肌メイクが出来るので、肌が若々しく見えるし、濃く見えないのが嬉しいところ♪

美容成分も72%配合なので、日中の美容液効果も!

もちろん日焼け止め効果もあるので、これ1つで日常の紫外線からも守ってもらえます。

軽いつけ心地のファンデを探している方、普段使いのファンデを探している方におすすめしたいBBクリームです。

これ1本で若々しいツヤ肌に!美容効果日焼け止め効果もばっちりなBBクリーム
DUO『ザ・セラムBB』使ってみました


プレミアアンチエイジングさん のブログリポーターに参加中♪

【ザ・セラムBB】について

SPF35・PA+++ 肌トラブルを隠し保湿するだけではなく、肌自体も本格トリートメント、そんな発想から生まれたセラムBB。

独自の光技術で一人一人の肌色を光の反射で自然補正。

一人一人異なる肌の暗さ、赤み、黄ぐすみ、凹凸をカバーして滑らかなツヤ肌に仕上げます。

また、19種類の美容成分や6種ボタニカルオイルなどが、使う度に肌をトリートメントしながら潤いと透明感を与えます。

1本5役の優秀ファンデ

1本で美容液、乳液、化粧下地、日焼け止め、ファンデーションの5役!

日焼け止め効果もあるので、日焼け止めを重ねなくても大丈夫です。

美容成分たっぷりで、塗っている間中、美容効果があります。

光の三原色の応用で若々しく立体感のある肌に

光の三原色を応用したオートシャインパールを植物由来の生ツヤヴェールでコーティング。

厚塗りでカバーするのではなく、光の反射で自然にカバー。

若々しい血色と透明感、潤い感とツヤとハリを与え、立体感のある肌へ。

また光拡散ローズパウダーが360度立体的に光を反射させ、肌の毛穴やシワなどの溝をカバーし、なめらかな肌に仕上げます。

 

2種の酸化皮脂吸着パウダーで10時間崩れない

2種の酸化皮脂吸着パウダーが酸化皮脂だけを選択的にキャッチし、肌の潤いとなる保護膜へと変化させるBBシナジーパウダーを配合。

皮脂酸化の連鎖を止め、乾き知らずの艶やかな肌が長時間持続します。

 

美容成分72%配合で素肌もきれいに

<5種のボタニカルオイル>

艶とうるおいを高めます。

  1. ローズヒップ油
  2. モリンガ種子オイル
  3. バオバブ種子油
  4. ヒマワリ種子油
  5. ホホバ種子油

 

<19種の厳選エイジングケア成分>

くすみやハリなど年齢サインにアプローチしてくれます

  • スノーアルゲエキス…極限環境に生息する雪原藻から抽出した希少なエイジングケア成分
  • IGF様ペプチド…肌を保護し、若々しい肌をサポート
  • コラゲニア…4000年以上前から食用や観賞用として重宝された植物で、気になる目元やフェイスラインをサポート
  • ゴールデンカモミールエキス…優れた抗酸化力を持つポリフェノールを7種も含み、紫外線による肌荒れをケア
  • ホワイトペプチド…ハイドロキノンと同じレベルの作用を持ち、肌に優しく、透明感を
  • クレアージュ…メラニンダイエットと呼ばれる植物のエキスで、肌にうるおいや透明感を
  • シンデレラケア…肌の透明度にアプローチする画期的な植物エキス成分
  • オリーブテンサー…オリーブの実から抽出され、肌を保湿しながらハリケア
  • ミニポリル…皮脂をコントロールしたり、引き締め効果も

他にもビルベリー葉エキス、オウゴン根エキス、ユキノシタエキスなどを配合

 

SPF35 PA+++でシミやシワを防ぐ

紫外線吸収剤不使用、ノンケミカルなのに、日焼け、シミ、しわたるみの原因となるUVA&UVB波からガードしてくれます。

35と聞くと数値が低いよく不安に感じるかもしれませんが、5時間以上紫外線から守ってくれる計算となります。

お出かけに、十分使える数値です。

 

8つの無添加処方で安心して使えます

旧表示指定成分、鉱物油、石油系油脂、アルコール、石油系界面活性剤、合成香料、合成拓殖料、紫外線吸収剤、不使用

 

【ザ・セラムBB】成分

水、シクロペンタシロキサン、酸化亜鉛、イソペンチルジオール、酸化チタン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、カプリリルメチコン、セチルPEG/PPG-10/1ジメチコン、テトライソステアリン酸ペンタエリスリチル、トリエチルヘキサノイン、ソルビトール、ペンチレングリコール、PEG-10ジメチコン、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、ヒドロキシアパタイト、シロキクラゲ多糖体、アセチルヒアルロン酸Na、ツボクサ葉エキス、グリチルリチン酸2K、シロバナルーピン種子エキス、ユキノシタエキス、アカツメクサ花エキス、クリサンテルムインジクムエキス、コエノクロリスシグニエンシスエキス、オリゴペプチド-20、オリーブ油エチルヘキシル、セラミドNP、セラミドAP、ワイルドタイムエキス、プルーン分解物、オリゴペプチド-34、ビルベリー葉エキス、オウゴン根エキス、アケビエキス、スクワレン、ローズヒップ油、バオバブ種子油、ワサビノキ種子油、ヒマワリ種子油、ホホバ種子油、(ホホバ油/マカデミア種子油)エステルズ、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、フィトステロールズ、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ダイズタンパク、トコフェロール、グリセリン、BG、ポリヒドロキシステアリン酸、レシチン、マルトデキストリン、イソステアリン酸、セスキイソステアリン酸ソルビタン、ジステアルジモニウムヘクトライト、ハイドロゲンジメチコン、ジメチコン、トリエトキシカプリリルシラン、メチコン、PEG-9ジメチコン、ポリソルベート80、含水シリカ、硫酸Mg、メタケイ酸アルミン酸Mg、硫酸Ba、タルク、マイカ、水酸化Al、酸化鉄、フェノキシエタノール

【ザ・セラムBB】使ってみました

未だにBBクリームとCCクリームの境目がイマイチわかっていない私ですが、紹介しちゃいますw

サイズは細身で、チューブとしては小さめです。

ポーチに入れてもかさばらないサイズなので、軽い旅行なんかに持っていきやすいですね!

口はノズルタイプですが、とっても小さい口。

量が調節しやすいので、悩み部分隠しやポイント部分に使うにも便利です。

BBらしい、濃厚系ファンデです。

落とすのにクレンジングは必須ですが、その分落ちにくく、水にも強く、カバー力も高いのがBBのいいところ♪

右側だけ塗ってみましたが、うまく肌に馴染んでいます。

BBやCCは、どんな肌色の方にも馴染みやすいのが特徴ですよね。

あまり黒い方には浮いてしまうかもしれませんが(^^;)(うちの母はテニス焼けで黒いので、私と同じファンデは合わないです。私は白い方です。母ももとは白いんだけどね)

そしてこってりしているのに、透明感のある肌に。

細かいシミっぽいのも消えてる!?

Sponsored Links


【ザ・セラムBB】感想

見た目より軽いつけ心地のBBクリームです。

BBってこってりべっとり重たい印象だったし、出してみると濃厚な感じでしたが、意外と軽め。

なので、一気にたくさん付けず、薄く付けるのがよさそう。

写真ではわかりにくいですが、ツヤ肌仕上がりです。

よくよくみると肌色の補正をしている感じはないですが、パールのような艶が出るので光の具合で肌が綺麗に見える!

これがローズパウダーなのかな?

艶は出ますが、まるで塗っていないかのように薄付きなので、素肌メイクが出来るのが魅力です。

あまり濃いメイクをしたくない方にはぴったりですね!

ただ光のツヤで少しは飛ばせますが、濃いシミなんかは少し消えにくいかもしれません。

軽いので日常使いにもぴったりだと思います。

美容液効果もあるし、日焼け止め効果もあるしね!

BBって油っぽくてちょっと使うの躊躇するなあ、、と思っていた私も、お気に入りとなったBBクリームです。

 

Sponsored Links

今こちらの記事が人気です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

好奇心が私の原動力です!!
小さい頃からアトピー、アレルギー持ち。
数年前から必死に色々試し、現在はかなり改善!
今でも乾燥肌で、アトピーが酷かった部分はまだ少し敏感気味ですが、以前の私のように肌が弱くて悩んでいる方の参考になればと、乾燥肌敏感肌目線のコスメレビューを書きはじめました。
日本化粧品検定3級、耳つぼ施術の資格を持っています。

レビューは気になった点や使ってみた感想を正直に書いていますので、辛口な場合もあります。
また使用感や感想は私個人の意見であり、必ずしも効果・効能を示すものではありません。
人によって刺激を受けてしまう物質はそれぞれですから、敏感な方は必ず少量からお試しください。

一部文章や画像を使用する場合は、必ず引用元URLを記載してください。
記載なしの使用や丸パクリは禁止です。