バレンタインにぴったり♪チョコクリームで保湿!

 

来月はバレンタインですね!

バレンタインといえば、好きな人にチョコをあげるのが定番ですが、近年は自分用に高級チョコが売れたり、友チョコのように同性同士で贈りあうのも一般的になってきました。

 

私も去年、仕事仲間(パートの主婦達)にハート形のグリセリン石鹸をプレゼント♪

主婦ってなかなかもらう機会ないと思うので、喜んでもらえました♪

今は仕事していないので、配る人がいないのでさみしい限りですが。。。

 

丁度クリームが欲しかったので、自分と子供に作ってみました!

今年はチョコではなく、チョコのハンドクリームやリップクリームはいかがでしょうか♪

バレンタインに!

ココアバターでチョコハンドクリームとチョコリップクリームを作ってみる!

 

Sponsored Links


 

メインで使うのは、ココアバターといって、カカオから取り出されたバターです。

ココアバター(cocoa butter, カカオバターとも)はカカオ豆の脂肪分であり、主にカカオリカーから圧搾して製造する。ココアバターはカカオ豆中に40%から50%(カカオマス中では約55%)含まれている。主に菓子(特にチョコレート)、薬品軟膏化粧品の原料として利用される。

近くにチョコレートのお菓子があったら、裏の原材料を見てみてください。

ココアバターの記載があるかと思います。

植物油脂を入れて口どけを良くしているチョコレートもありますが、

製菓によく使われるクーベルチュールは、ココアバター31%以上、

純チョコレートやピュアチョコレートと呼ばれるチョコレート(明治や森永の板チョコとか)は、カカオ成分がカカオマス(チョコの素)とココアバターのみ、などと基準があったり。

ココアバターがたくさん入っているチョコレートの方が質がいいチョコだと思ってもらっていいかと思います。

 

そんな食べるイメージのココアバターですが、チョコの香りがするだけでなく(精製されたものは香りがしないそうです)、肌にも効果があるのです!!

ココアバターの特徴は、保湿作用に優れているところです。その為、乾燥した肌をしっとりと保湿するのに有効です。その作用は高く、乾燥しやすい唇のリップクリームの原料として利用されているほどです。

また、エモリエント作用(肌を柔らかくする作用)もあり、肌をやわらかくしてくれる働きもあります。これらの作用により、肌に潤いと柔軟性をもたらす効果が期待できます。

そのほかにも、皮膚の代謝を高める働きをする「パルミチン酸」が豊富に含まれているため、肌を若返らせるアンチエイジング効果も期待できます。

酸化しにくい性質の為、長期保存が可能な植物性バターです。

というわけで、チョコ好きな私としてはたまらない、クリーム作りの原料なのです!

子供たちもチョコのいいにおい~♪と喜んでくれるので、子供用ボディクリームにもおススメです!!

 

 

まずはハンドクリームにもボディクリームにも、万能に使えるクリームを。

赤ちゃんにも使えるようにみつろう抜き(かたくないのでジャータイプになります)で、

手作りクリームが初めてな方にも作りやすいように、

身近にそろう材料で作ってみました!

とても簡単なうえに、1度にたくさん作ることも可能なので、可愛いケースやラベルを付けて、友チョコ代わりに配れば喜んでもらえると思います♪

(手作りコスメは販売するのに許可がいります。あくまで個人的にプレゼントする程度で。。)

 

今回は計10gで作っています。

まずはココアバターを3g。

f:id:milksweet:20160121235213j:image

 

シアバターを3g。

未精製は香ばしいチョコのような香りがするので未精製を使いましたが、精製(白い)シアでも。

f:id:milksweet:20160121235227j:image
ココアバターが1番溶けにくい気がしたので先に溶かしましたが、バター類だけ先に溶かし、オイルは後で足す程度で大丈夫だと思います。
あまり加熱させすぎはオイルの効能がなくなってしまうので、湯銭で溶かす(沸かしながらではなく、チョコと同じく、火は止めた湯銭で)のがいいかと思います。
レンジでも大丈夫だけど、結構溶けにくいので、私は湯銭派です。
 
 
ホホバオイルを2g。
私が1番初めに買った植物オイル、無印のホホバです。
有名ですし、簡単に手に入ります。
中身はとっくに使い切って、別のお店で買った大容量のホホバを詰め替えています。
f:id:milksweet:20160121235237j:image
 
ちょっと手荒れが激しかったので、馬油2g。
馬油は馬セラミドが入っているので、肌荒れの修復におススメです。
f:id:milksweet:20160121235252j:image
 
ここでイチゴの香料なんかを入れると、アポロみたいな香りになって、子供には好評です♪
私も好きです(^^)
f:id:milksweet:20160121235307j:image
FOはフレグランスオイルで、肌にOK、
FVはフレーバーオイルで、口に入ってもOKなので、リップクリームなんかに向いています。
 
香り付けの一般的なのはエッセンシャルオイルですよね。
f:id:milksweet:20160121235319j:image
でもエッセンシャルオイルによって効能も違うし、柑橘系は光毒性もあったりするので、気を付けて選んでくださいね。
今回、私はオレンジスウィートを選びました(オレンジやマンダリンには光毒性がないそう)。
チョコとオレンジっておいしいですよね(>▽<)♡
最近ハマっているので、オレンジスウィートを選びました!
 
全部溶けたら、手早く容器に流し込みます。
f:id:milksweet:20160121235331j:image
今の時期室温も低いと思うので、手早くしないとあっという間に冷えて固まってしまいます。。。
 
こんな感じにできました♡
f:id:milksweet:20160121235346j:image
あふれたら嫌だったので控えめに作ったら、ちょっと少なかったですw
ケースの容量(ml)とグラムは違うので、ケースの容量より少な目グラムで作らないと、いつもあふれますwww
 
使ってみましたが、予想より硬めでした。
でもスティックケースに入れて使いたい場合は、蜜蝋などのワックスを入れた方がいいかと思います。
寒いので硬いだけで、指で触るとサラ~っと溶けていきます。
まさにチョコレートの口どけのよう!
伸びもよく、べたべたしないハンドクリームになりました♪
 
<ココアバターの万能クリームレシピ>
  • ココアバター 3g
  • シアバター 3g
  • ホホバオイル 2g
  • 馬油 2g
  • エッセンシャルオイルやFOやFV 2滴
 
 
 
次はリップクリームを。
こちらはみつろうを使ったので、赤ちゃんには控えてくださいね。
赤ちゃんにも使いたい場合は、キャンデリラワックスなどほかのワックスを使ってください。
 
1番溶けにくいみつろうから。3g。
f:id:milksweet:20160121235359j:image
みつろうの融点は65℃以上。
湯銭から外した途端から、あっとゆーまにまた固まっていきます…
f:id:milksweet:20160121235410j:image
洗うのも、40度のお湯なんかではみつろうにとっては低温なので、ホント洗いにくくて。。。
後片付けが面倒なので、捨てられる紙コップやコーヒーのマドラーで作った方がいいかもしれません。
 
上の写真にはココアバターも3g入っています。
こちらは子供も使えるように、精製シアバターを使いました。2g。
f:id:milksweet:20160121235521j:image
 
あとはお好きなオイルで大丈夫です。
ホホバが残っていたらホホバでも。
 
私が入れたのは、ブラジルナッツバター2g。あったので。
f:id:milksweet:20160121235536j:image
ヘーゼルナッツオイル、2g。
f:id:milksweet:20160121235550j:image
ナッツ系はオレイン酸が豊富なので、保湿に向いているかなと。
 
セサミオイル、1g。
f:id:milksweet:20160121235604j:image
使ってみたかったので入れてみましたw
 
そして、忘れてはいけないラズベリーオイル。
 f:id:milksweet:20160122025228j:image
紫外線防止効果があります!!
シアバターやホホバオイルにも紫外線防止効果がありますが、私は唇のシミが酷いので(^^;)
リップクリームを作るときには、必ず入れるようにしています。
 
息子壱にはバニラのFVを、弐ちゃんにはイチゴのFVを、
f:id:milksweet:20160121235616j:image
私はスッキリ使えるペパーミントと、1番大好きな香りのローズゼラニウムを使いました。
f:id:milksweet:20160121235631j:image
 
溶かして、リップケースに流し込めば完成♪
f:id:milksweet:20160121235642j:image
すくって使うタイプなら、みつろうなしでも大丈夫です。
っていうか、すくうタイプでいいなら、上の万能クリームもリップとして使えるので、わざわざこっちを作らなくてもいいんだけどw
チューブタイプはみつろう少な目で。
リップケースは自分用なら使っていたものを再利用してもいいし、ケースだけも100円程度で売っています。
 
<ココアバターのリップクリームレシピ>4本分
  • みつろう 3g

  • ココアバター 3g

  • シアバター 2g

  • 他のバター(シアバター) 2g

  • お好きなオイル 5g

  • エッセンシャルオイルやフレーバーオイル 1滴

 

使ってみた感じは、しっかりして折れにくい硬さのリップですが、こちらも唇に塗るとチョコレートのように柔らかに溶けていき、とても塗りやすいリップでした!

あまり香りがしなかったので、ココアバターを増やしたり、香料も2滴入れてもいいかも。

あまり油っぽいのが苦手な方は、ユーカリやミントなどの清涼感のあるエッセンシャルオイルを使うと、スッキリ使えます♪

外で使う場合は、光毒性のあるエッセンシャルオイルは避け、シアバターやホホバオイルの量を増やして、紫外線防止効果を高めた方がいいかと思います。

椿油なんかも紫外線防止効果があるのでいいかも。

 

ここのところ鼻が酷くて、鼻かみすぎて唇と鼻の下が乾燥気味だったのですが、このリップを塗るようになってから乾燥を感じなくなりました!

みつろうが入っているので、皮膚を柔らかくしたり、保護したりする効果もあります。

唇だけでなく、肘なんかの角質が気になるところにもオススメ。

リップは、1度作ると買うのがばかばかしくなってしまうくらいのごく少量で出来てしまうので、プレゼントだけでなく、自分用にも作ってみてくださいね(^^)

 

 

あとは好きなラベルを貼ったりすれば完成!
私はマスキングテープを貼っています♪
飽きたら貼り変えて、簡単に楽しめます(^^)
f:id:milksweet:20160121235719j:image
リップケースで作れば本格的っぽいし、ジャーケースで作ればおしゃれな感じに。
ケースを変えるだけでもイメージが全然変わって楽しいですね!!
 
オリジナルのラベルを作ったり、
ハーブティー用のドライフラワーを乗せてもカワイイですよ♡
 f:id:milksweet:20160122035547j:image f:id:milksweet:20160122035554j:image f:id:milksweet:20160122035600j:image
お気に入りのクリームが出来ますように♪
 

 

簡単、非加熱万能クリームのレシピはこちら↓

 
★今回使用した材料が揃えられるお店
<ココアバター>少量から簡単に買えますよ~
もちろん、お菓子作りにも使えます!!
私もブラウニーのような濃厚チョコ系のお菓子を作るときは、ココアバターを使っています!
    
              

 

 

オイルやケースが買えます!ほとんど何でもそろいます!

手作り化粧品材料 マンデイムーン

 

 

バターも豊富です!オイルビュッフェおすすめ!お気に入りのお店です。 

カフェ・ド・サボン

 

 
大容量オイルがお得!うちのオイルはほとんどここの。 
 

 

エッセンシャルオイルが安く買えます!

なごみ

 

 

 

フレーバーオイル、フレグランスオイルも豊富!

 

こちらもオイルやケースなど手に入ります。

 

みつろうは、アキピュアのビーズワックスを使いました!

角質柔らかクリーム、みつろうキャンドル、カヌレを作りました。

チョコクリームに続き、カユカユや掻き壊しに、アトピークリームも作りました!

今週のお題「バレンタインデー」

Sponsored Links

今こちらの記事が人気です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA